トップ  >  作家・作品一覧  >  萩原あさ美  >  編集の一生

連載作品・作家

あらすじ

漫画に全てを懸けられますか?
作家と編集、男と女の“ハラドキ”ストーリー!
『娘の友達』の最旬作家、最新作!

 

漫画編集者7年目の縦山は、雑誌の看板作家、横沢先生の担当になった。

 

「大ヒットを出すぞ!」と張りきる縦山だったが
横沢先生は縦山を挑発、誘惑、そしてーー!?

 

作家と編集、男と女。
一線はどこですか?
漫画に全てを懸けられますか?

 

売れっ子作家×駆け出し編集者、
“ハラドキ”ストーリー!

 

100万部突破『娘の友達』の最旬作家、最新作!

 

登場人物紹介

縦山(たてやま)

週刊漫画誌マーベラス、 配属7年目の漫画編集者。

横沢(よこざわ)

週刊漫画誌マーベラスの 看板作家。『愛の旋盤』連載中。

 

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

萩原あさ美

2013年に「SD&GO!」にて『B級シネマ少女組inグラインドハウス』でデビュー。「少年ジャンプ+」にて『バイバイ人類』、「コミックDAYS」にて『娘の友達』を連載。『娘の友達』(全7巻)は、100万部突破のヒット作となった。

 

萩原あさ美Twitter @hgwrasm

作品紹介

僕は、先生と生きたい。

〈 書籍の内容 〉

「先生とならそこが陸の上でも、海の底でもいい」

 

睦美と一緒に、自らも“魚になる”運命を選んだ椎良。

 

母を自死で亡くして以来、生きることに消極的だった彼が遂に見出した希望は、“終わり”と紙一重だった――

 

一方、椎良を心配する幼なじみの杏子は、好奇心から睦美の秘密を嗅ぎ回るクラスメイトの井崎と合流。
共に睦美の行方を追うことに。

 

そして、睦美の元担任・浦井の失踪事件を調べていた刑事であり椎良の父である和洋もまた、ある重大な事実に突き当たっていた。

 

点と点が線を描きながら交錯を続け…… 椎良と睦美の安息の地を侵す者は誰か――!?

 

『バジーノイズ』で鮮烈連載デビューを果たした俊英・むつき潤が描く、“終末”と“再生”の恋。
物語は底の見えぬ深さへ……待望の第4集!!

 

原案:麓 貴広『この醜く美しき世界』

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

むつき潤氏連載デビュー作『バジーノイズ』の実写化映画、2024年5月3日公開!!
主演/川西拓実(JO1)、桜田ひより
監督/風間太樹(『silent』ほか)

 

ますます注目の集まる著者の最新連載作『ホロウフィッシュ』第4集。
各誌書評で「傑作」と称される本作、物語は遂に核心へ!!

 

――世界が滅ぶ時、あなたは誰と何処で生きますか?

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-