トップ  >  作家・作品一覧  >  松本大洋  >  東京ヒゴロ

連載作品・作家

あらすじ

松本大洋が初めて描く、漫画の世界。そして初めて語られる、創作の哲学!!



大手出版社を早期退職した漫画編集者の塩澤。
会社員を辞めた男は、今、漫画に何を思うのか。
仕事か、表現か、それとも友情か。
人生五十年を越えても、憂い、惑い、彷徨う男たちにおくる鎮魂歌。
東京の空の下、時代の風に吹かれて、漫画が芽吹く。

登場人物紹介

 


塩澤 和夫
漫画編集者。長年勤めた大手出版社を退職。 理想の漫画雑誌を創るため奔走する。白い文鳥と暮らす。

長作

塩澤が担当していた漫画家。妻と離婚、娘がいる。 かつての輝きを取り戻そうと、日々もがいてはいるが…


伊賀

後輩・漫画編集者。塩澤が 去った編集部の仕事を淡々と行う。


青木
若手漫画家。長作に憧れて、漫画を持ち込み、 塩澤が担当になるが、退職により林に担当が替わる。



後輩・漫画編集者。塩澤から青木の 担当を引き継ぎ、新連載を始めた。

草刈

長作のアシスタント。連載漫画家を目指しているが…


編集長

林と伊賀の上司で大手出版社・小学社の管理職。 塩澤が創刊した漫画雑誌『夜』の廃刊を命じた。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

松本大洋

1967/10/25生まれ。東京都出身。

▼デビュー作
『STRAIGHT』

▼代表作
『鉄コン筋クリート』『ピンポン』

▼現連載作品
『東京ヒゴロ』

▼受賞歴
1967年、東京生まれ。1987年、講談社「月刊アフタヌーン四季賞」で準入選を果たし、デビュー。『週刊モーニング』にて『STRAIGHT』『点&面』を連載したのち、『ビッグコミックスピリッツ』にて『ZERO』『花男』『鉄コン筋クリート』『ピンポン』、『竹光侍』(原作:永福一成)などの作品を発表。『竹光侍』は2007年に第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2011年に第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。2016年『Sunny』で第61回小学館漫画賞受賞。2020年『ルーヴルの猫』で米国アイズナー賞を受賞。現在『東京ヒゴロ』をビッグコミックオリジナル増刊号(小学館)にて連載中。

作品紹介

僕は、先生と生きたい。

〈 書籍の内容 〉

「先生とならそこが陸の上でも、海の底でもいい」

 

睦美と一緒に、自らも“魚になる”運命を選んだ椎良。

 

母を自死で亡くして以来、生きることに消極的だった彼が遂に見出した希望は、“終わり”と紙一重だった――

 

一方、椎良を心配する幼なじみの杏子は、好奇心から睦美の秘密を嗅ぎ回るクラスメイトの井崎と合流。
共に睦美の行方を追うことに。

 

そして、睦美の元担任・浦井の失踪事件を調べていた刑事であり椎良の父である和洋もまた、ある重大な事実に突き当たっていた。

 

点と点が線を描きながら交錯を続け…… 椎良と睦美の安息の地を侵す者は誰か――!?

 

『バジーノイズ』で鮮烈連載デビューを果たした俊英・むつき潤が描く、“終末”と“再生”の恋。
物語は底の見えぬ深さへ……待望の第4集!!

 

原案:麓 貴広『この醜く美しき世界』

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

むつき潤氏連載デビュー作『バジーノイズ』の実写化映画、2024年5月3日公開!!
主演/川西拓実(JO1)、桜田ひより
監督/風間太樹(『silent』ほか)

 

ますます注目の集まる著者の最新連載作『ホロウフィッシュ』第4集。
各誌書評で「傑作」と称される本作、物語は遂に核心へ!!

 

――世界が滅ぶ時、あなたは誰と何処で生きますか?

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-