トップ  >  作家・作品一覧  >  松本大洋  >  ルーヴルの猫

連載作品・作家

あらすじ

ルーヴル美術館の屋根裏に住み着いた猫たち。 彼らは人間の目を避けて、密やかに暮らしていた。 ところが、好奇心旺盛な子猫〝ゆきのこ〟が美術館の中で一人歩きを始める。 そして〝ゆきのこ〟は絵の中の世界に入れる不思議な能力を持っていた…!!

登場人物紹介

 




セシル

ルーヴル美術館のガイド。
マルセルの姉の捜索に協力する。




マルセルさん

ルーヴル美術館の警備員。
行方不明の姉マリエッタを捜し続ける。




ゆきのこ

白猫。




アオヒゲ

ボス猫。




ノコギリ

黒猫。




フトッチョ

デブ猫。

 

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

松本大洋

1967/10/25生まれ。東京都出身。

▼デビュー作
『STRAIGHT』

▼代表作
『鉄コン筋クリート』『ピンポン』

▼現連載作品
『東京ヒゴロ』

▼受賞歴
1967年、東京生まれ。1987年、講談社「月刊アフタヌーン四季賞」で準入選を果たし、デビュー。『週刊モーニング』にて『STRAIGHT』『点&面』を連載したのち、『ビッグコミックスピリッツ』にて『ZERO』『花男』『鉄コン筋クリート』『ピンポン』、『竹光侍』(原作:永福一成)などの作品を発表。『竹光侍』は2007年に第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2011年に第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。2016年『Sunny』で第61回小学館漫画賞受賞。2020年『ルーヴルの猫』で米国アイズナー賞を受賞。現在『東京ヒゴロ』をビッグコミックオリジナル増刊号(小学館)にて連載中。

作品紹介

最終兵器ソーラ・レイ、遂に発射!!!!

 

ソーラ・レイを奪い合う地球連邦軍と南洋同盟。
両軍入り乱れる怒濤の総力戦が繰り広げられるなか、ジオンに対する復讐心を秘めていたカーラが豹変!

 

レヴァン・フウを裏切り、サイコ・ザク軍団をコントロールしてジオン国民の虐殺を目論む。
カーラの暴走は、目覚めさせた自分の罪だと感じ、大きなショックを受けるダリルだが…

 

一方、戦況の逆転には撃つほかないとソーラ・レイの発射を決めた連邦軍。
カウントダウン、遂に開始!!

 

……もうこの先の“刻”は見えない……
ソーラ・レイ発射!!!!!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

シリーズ累計500万部を突破した“大人のガンダム”として圧倒的人気を誇る『機動先生ガンダム サンダーボルト』。掲載誌「ビッグコミック スペリオール」では連載200回を迎えて、さらに目が離せない展開を見せます。この第23集では遂にソーラ・レイが火を噴き、戦場は一気にカオスに!太田垣氏の圧倒的な画力で描かれる最終兵器の威力……この作品でしか味わえない“恐怖”を体感してください!そしてカーラの度肝を抜く“衝撃の行動”をぜひとも目撃してください…!!

 

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-