トップ  >  作家・作品一覧  >  鳥飼茜  >  サターンリターン

連載作品・作家

あらすじ

『先生の白い嘘』鳥飼茜、衝撃最新作。



「30歳になるまでに死ぬ」

学生時代にそう断言していた友人“アオイ”は、本当に死んでしまった。
書けない小説家・加治理津子(かじりつこ)は、 担当編集の小出(こいで)と共に、 “アオイ”の死の真相に迫るーー

性暴力を真正面から描いた自身の代表作『先生の白い噓』を超える新作、発表。
これまで追求していた男女の性差、そして新たに「死」と「喪失」を描く問題作。

【サターンリターン/土星回帰】
意味…土星の公転周期が約30年であること。そのことから占星術では、約30年に一度、人生での大きな転機が訪れると言われる。土星は「凶」の象徴であり、この時期に人は自殺しやすいとも言われる。

>>>>鳥飼茜先生Twitter
@torikaiakane

登場人物紹介

 




加治理津子(かじ りつこ) 5年前のデビュー以来、新作の書けない半ばリタイア状態の小説家。謎が多い。悪女とも一発屋とも囁かれる。




野田 一史(のだ かずふみ) 理津子の夫、〝史くん〟。不倫の末、大手出版社を辞め、理津子と再婚する。36歳。




小出駿平(こいで しゅんぺい) 理津子の新担当となった文芸編集者。26歳。




中島 淳(なかじま あつし) 30歳目前にして死んだ理津子の友人。理津子のデビュー作『午睡の国』アオイのモデル!?

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

鳥飼茜

1981/8/13生まれ。

▼デビュー作
非公開

▼代表作
先生の白い嘘、おんなのいえ、地獄のガールフレンドなど

▼現連載作品
サターンリターン

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

全ての人々の悩みを描く終末期ストーリー。

終末期病棟に勤める看護師・辺見に”主任”昇格の打診が。
より一層の責任と業務を負うことに躊躇いを覚える辺見だったが…

 

死と生が交錯する終末期病棟(ターミナル)を舞台に、看護師・辺見、新たなステージヘ。
沖田×華の会心作、第12集。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

実写ドラマ化もされ、絶好調の本作もいよいよ12集に突入。
今集で、終末期病棟に勤務する主人公・辺見に主任昇格の打診がやってきます。
ただでさえ激務の看護師ですが、主任となると更に大きな責任を負うことに躊躇する辺見ですが、一方、病棟では人間関係のトラブル絡みの事件が起こり…?

 

果たして辺見の選択は?
終末期病棟を舞台に死と生を描く異色の医療コミック、今集も目が離せません!

 

〈 目次をみる 〉

カルテ66 清原栄三郎さん 5
カルテ67 川西奈美江さん 27
カルテ68 加藤シヅさん   49
カルテ69 山田 恵さん   71
カルテ70 増山春美さん  93
カルテ71 青木紗奈さん  115

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-