トップ  >  作家・作品一覧  >  曽根富美子  >  彩愛のひと

連載作品・作家

あらすじ

自分の出生に疑問を感じて生きてきた男・沢拓(さわ ひらく)は、
かつての恋人・透子(とうこ)への、封印していた記憶に触れ、安穏な自身の家庭と生活を捨てた。
自暴自棄な沢を救ったのは、「事情のある母子」が駆け込む福祉相談所。
そこで沢は「子どもの幸せのため」だけにある特別養子縁組の現場を手伝い始めていた。

『親なるもの 断崖』のリバイバルヒットでウェブ配信コミックの金字塔を打ち立てた著者の渾身の最新作、オリジナルに初登場!!

登場人物紹介





沢 拓(さわ ひらく)

平凡な家庭に育ったと信じていたが、少年期に両親が実の親ではないことを感じ反抗。
その際出会った透子の壮絶な虐待環境を知り、救うべく動くが無力なまま終わった過去がある。





透子(とうこ)

実の両親から壮絶な虐待を受け育つ。
ついに精神の崩壊を来たし騒動を起こしたため、警察沙汰に。その後、入院することに。




ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

曽根富美子

1958年生まれ。北海道出身。

▼デビュー作
「千聖子」(1975年りぼん増刊号掲載)

▼代表作
「親なるもの 断崖」「子どもたち!」「彩愛のひと」



▼受賞歴
「親なるもの 断崖」で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

虐待、家出、売春…子供たちの叫びを聞け

貧困は子供たちにも容赦なく牙を剥く。
「夢」を見られない、この国の現実を直視せよ。

 

「立ちんぼ」で体を売り続ける18歳家出少女、「トー横」に居場所を求める少女たち、夢を奪われたグラビアアイドル…この貧困は決して他人事ではない--。

 

東洋経済オンラインで1億2000万PVを突破した人気連載、待望のコミカライズ!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

ノンフィクションライター・中村淳彦が貧困に喘ぐ女性達の心の叫びを丹念に取材し、日本の暗部を照らし出した「東京貧困女子。」を、若手の実力派・小田原愛が鮮烈に描く!もはや豊かな国とは言えない、「貧困大国」と化した日本の”リアル”。目を背けたくなるけれど、ページをめくってしまう作品です。ぜひご一読ください!

 

〈 目次をみる 〉

第81話/堀之内 環奈3
第82話/堀之内 環奈4
第83話/宮野 寧々1
第84話/宮野 寧々2
第85話/宮野 寧々3
第86話/宮野 寧々4
第87話/山内 美麗1

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-