トップ  >  作家・作品一覧  >  カレー沢 薫  >  わたしの証拠

連載作品・作家

あらすじ

稀代のカリスマ(?)カレー沢 薫氏による、私たちの心の「自分では手の届かない」部分をじんわりほぐす人気連載!!

 

毎日、毎日、そう上手くはいかない。

 

うまく笑えず誤解を招き、ムキになって失笑を買う。

 

どうしてわたしはこうなんだろう。

 

器用に立ち回って、いつでもどこでもスマートに…

 

そんな人間に、来世でなれたらいいなと思う。

 

でもきっと、誰かとのチグハグな会話も、気まずく長い沈黙も、呆れるような失言も、すべてが証拠。わたしの証拠。あなたの証拠ーー

 

悩めるあなたの心に寄り添う一篇が、きっと見つかります。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

カレー沢 薫

11/22生まれ。

▼デビュー作
『クレムリン』(講談社刊)

▼代表作
『なおりはしないが、ましになる』(月刊!スピリッツにて連載中)
『人生がより散らかる! 深刻お悩み相談室』
『ひとりでしにたい』(講談社刊)

▼現連載作品
新人賞に応募した漫画が落選するも連載決定という逆転劇を見せて漫画家デビュー。コラムニストとしても活躍し、さらにOLもこなすOL兼漫画家だったが、2018年6月1日より無職兼作家に。エゴサが大好き。

▼受賞歴
文化庁メディア芸術祭推薦作品(「アンモラルカスタマイズ」)

作品紹介

僕は、先生と生きたい。

〈 書籍の内容 〉

「先生とならそこが陸の上でも、海の底でもいい」

 

睦美と一緒に、自らも“魚になる”運命を選んだ椎良。

 

母を自死で亡くして以来、生きることに消極的だった彼が遂に見出した希望は、“終わり”と紙一重だった――

 

一方、椎良を心配する幼なじみの杏子は、好奇心から睦美の秘密を嗅ぎ回るクラスメイトの井崎と合流。
共に睦美の行方を追うことに。

 

そして、睦美の元担任・浦井の失踪事件を調べていた刑事であり椎良の父である和洋もまた、ある重大な事実に突き当たっていた。

 

点と点が線を描きながら交錯を続け…… 椎良と睦美の安息の地を侵す者は誰か――!?

 

『バジーノイズ』で鮮烈連載デビューを果たした俊英・むつき潤が描く、“終末”と“再生”の恋。
物語は底の見えぬ深さへ……待望の第4集!!

 

原案:麓 貴広『この醜く美しき世界』

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

むつき潤氏連載デビュー作『バジーノイズ』の実写化映画、2024年5月3日公開!!
主演/川西拓実(JO1)、桜田ひより
監督/風間太樹(『silent』ほか)

 

ますます注目の集まる著者の最新連載作『ホロウフィッシュ』第4集。
各誌書評で「傑作」と称される本作、物語は遂に核心へ!!

 

――世界が滅ぶ時、あなたは誰と何処で生きますか?

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-