トップ  >  作家・作品一覧  >  カラシユニコ  >  本の虫 ミミズクくん

連載作品・作家

あらすじ

半径5メートルの世界が輝く。ボーイ・ミーツ・文学!

好きなもの、本。得意なこと、本の読解。本を愛する小学4年生・ミミズクくん。 過剰に本好きな祖父のスパルタ指導のもと、『燃えよ剣』、『星の王子さま』、『蝉しぐれ』… 古今の名作文学と出会ってゆく。 書を抱き、町へ出よう。本との出逢いが人生をすこし変える、ハートフル・ビブリオコメディ開幕!

 

登場人物紹介

ミミズクくん (加藤 剣)

小学4年生。本をこよなく愛する。

おじいちゃん

ミミズクくんの人生の師匠であり、加藤家の本のマイスター。

お姉ちゃん いじわる。

お母さん

大らかで放任主義。

お兄ちゃん

影はすこし薄め。

須田さん

ミミズクくんのクラスメイト。
なぜかミミズクくんを敵視!?

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

カラシユニコ

4月4日生まれ。兵庫県出身。O型。

2014年、第74回小学館新人コミック大賞<青年部門>で佳作を受賞しデビュー。

「ビッグコミックオリジナル」デジタル版掲載の読み切りを収録した短編集『メメント飛日常』全1巻が発売中!

作品紹介

僕は、先生と生きたい。

〈 書籍の内容 〉

「先生とならそこが陸の上でも、海の底でもいい」

 

睦美と一緒に、自らも“魚になる”運命を選んだ椎良。

 

母を自死で亡くして以来、生きることに消極的だった彼が遂に見出した希望は、“終わり”と紙一重だった――

 

一方、椎良を心配する幼なじみの杏子は、好奇心から睦美の秘密を嗅ぎ回るクラスメイトの井崎と合流。
共に睦美の行方を追うことに。

 

そして、睦美の元担任・浦井の失踪事件を調べていた刑事であり椎良の父である和洋もまた、ある重大な事実に突き当たっていた。

 

点と点が線を描きながら交錯を続け…… 椎良と睦美の安息の地を侵す者は誰か――!?

 

『バジーノイズ』で鮮烈連載デビューを果たした俊英・むつき潤が描く、“終末”と“再生”の恋。
物語は底の見えぬ深さへ……待望の第4集!!

 

原案:麓 貴広『この醜く美しき世界』

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

むつき潤氏連載デビュー作『バジーノイズ』の実写化映画、2024年5月3日公開!!
主演/川西拓実(JO1)、桜田ひより
監督/風間太樹(『silent』ほか)

 

ますます注目の集まる著者の最新連載作『ホロウフィッシュ』第4集。
各誌書評で「傑作」と称される本作、物語は遂に核心へ!!

 

――世界が滅ぶ時、あなたは誰と何処で生きますか?

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-