トップ  >  作家・作品一覧  >  井浦秀夫  >  弁護士のくず

連載作品・作家

あらすじ

セクハラ被害者からの相談に、セクハラまがいの発言で対応する超フマジメ弁護士・九頭。

それでも婚約破棄訴訟に遺産相続等、ややこしい事件の数々を不思議と解決してしまう。

登場人物紹介





九頭元人

正義と人権を標榜する白石誠法律事務所に勤務する、正義と人権を見失ったかのような、弁護士の、と言うより人間のくず(?)。




武田真実

正義と人権を標榜する白石誠弁護士に憧れてやってきた新米弁護士。





秋野美月

九頭の娘だと言って突然現れた少女。亡き母と九頭は、かつて恋人同士だったらしい。結果、九頭を義父(?)として一緒に暮らすことに。





白石誠

白石誠法律事務所所長。人権派弁護士としてテレビ等のコメンテーターもつとめている。





軒下歩夢

軒下歩夢。 白石誠法律事務所のノキ弁として働き始めた新人弁護士。弁護士になるため、700万円の借金を背負う。



ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

井浦秀夫

1955/6/2生まれ。長野県上高井郡小布施町出身。O型

▼デビュー作
『私は人を殺した』

▼代表作
『刑事ゆがみ』 『弁護士のくず』 『AV烈伝』

▼受賞歴
『弁護士のくず』2006年 小学館漫画賞一般向け部門

作品紹介

僕は、先生と生きたい。

〈 書籍の内容 〉

「先生とならそこが陸の上でも、海の底でもいい」

 

睦美と一緒に、自らも“魚になる”運命を選んだ椎良。

 

母を自死で亡くして以来、生きることに消極的だった彼が遂に見出した希望は、“終わり”と紙一重だった――

 

一方、椎良を心配する幼なじみの杏子は、好奇心から睦美の秘密を嗅ぎ回るクラスメイトの井崎と合流。
共に睦美の行方を追うことに。

 

そして、睦美の元担任・浦井の失踪事件を調べていた刑事であり椎良の父である和洋もまた、ある重大な事実に突き当たっていた。

 

点と点が線を描きながら交錯を続け…… 椎良と睦美の安息の地を侵す者は誰か――!?

 

『バジーノイズ』で鮮烈連載デビューを果たした俊英・むつき潤が描く、“終末”と“再生”の恋。
物語は底の見えぬ深さへ……待望の第4集!!

 

原案:麓 貴広『この醜く美しき世界』

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

むつき潤氏連載デビュー作『バジーノイズ』の実写化映画、2024年5月3日公開!!
主演/川西拓実(JO1)、桜田ひより
監督/風間太樹(『silent』ほか)

 

ますます注目の集まる著者の最新連載作『ホロウフィッシュ』第4集。
各誌書評で「傑作」と称される本作、物語は遂に核心へ!!

 

――世界が滅ぶ時、あなたは誰と何処で生きますか?

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-