トップ  >  作家・作品一覧  >  新井英樹  >  なぎさにて

連載作品・作家

あらすじ

絶望が覆う終末に挑む家族の希望の物語!



「ねぇ私、恋も知らずに死んじゃうの?」杉浦渚は普通の女子高生。杉浦一家も普通の家族。でも、取り巻く世界は変わっていった…突如各地に生えた毒の木のせいで。明日終わるかも知れない世界の中で、絶望に挑む、家族の物語。人類は、滅亡する為に生まれてきたのか——!?

登場人物紹介





杉浦 渚

17歳。高校2年生。中学生の頃までは地味で真面目な女の子だったが〝ニョロニョロ〟の出現によって〝死〟を意識して自分を変えようと努力中。元陸上部。




山城 龍

渚と同じ高校に通う男子高校生。突然渚のクラスの授業に乱入して叫んだり、ゆりに告白してフラれて逃げ出したりと少し変わっている。





野茂 ゆり

渚と中学校からの同級生。たびたび渚の無茶に付き合わされている。
今を楽しく生きることが大事で、渚から見れば何を考えているのか分からない。





杉浦 大地

渚の弟。小学3年生。意志薄弱で人の顔色を窺って自分の意見が言えないことが多い。





杉浦 祥子

渚の母。義姉のおにぎり屋で働いている。明るい性格で、なんでも笑い飛ばすお調子者。





杉浦 宙哉

渚の父。書店店長。寡黙で思慮深く、豆の木出現以後、変わりゆく娘に苦悩している。




ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

新井英樹

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

全ての人々の悩みを描く終末期ストーリー。

終末期病棟に勤める看護師・辺見に”主任”昇格の打診が。
より一層の責任と業務を負うことに躊躇いを覚える辺見だったが…

 

死と生が交錯する終末期病棟(ターミナル)を舞台に、看護師・辺見、新たなステージヘ。
沖田×華の会心作、第12集。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

実写ドラマ化もされ、絶好調の本作もいよいよ12集に突入。
今集で、終末期病棟に勤務する主人公・辺見に主任昇格の打診がやってきます。
ただでさえ激務の看護師ですが、主任となると更に大きな責任を負うことに躊躇する辺見ですが、一方、病棟では人間関係のトラブル絡みの事件が起こり…?

 

果たして辺見の選択は?
終末期病棟を舞台に死と生を描く異色の医療コミック、今集も目が離せません!

 

〈 目次をみる 〉

カルテ66 清原栄三郎さん 5
カルテ67 川西奈美江さん 27
カルテ68 加藤シヅさん   49
カルテ69 山田 恵さん   71
カルテ70 増山春美さん  93
カルテ71 青木紗奈さん  115

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-