トップ  >  作家・作品一覧  >  井浦秀夫  >  スティグマ

連載作品・作家

あらすじ

『刑事ゆがみ』終了より9か月満を持して新連載開始‼︎

男と女の狭間に漂う、悲哀、愛憎、虚無、そして狂気!

登場人物紹介

鬼束与(おにづかたすく)
25年の刑期を終えて出所してきた元ヤクザ。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

井浦秀夫

1955/6/2生まれ。長野県上高井郡小布施町出身。O型

▼デビュー作
『私は人を殺した』

▼代表作
『刑事ゆがみ』 『弁護士のくず』 『AV烈伝』

▼受賞歴
『弁護士のくず』2006年 小学館漫画賞一般向け部門

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

連載50周年。愛おしい日本がここにある。

創刊50周年を迎えるビッグコミックオリジナルと歩みを共にしてきた本作。昭和・平成・令和と時代を経ても、守るべき日本人の心、愛すべき日本の慣習・文化を描き続けてきた「三丁目」、待望の新刊。女手一つで2人の子供を育てる男勝りの母が女子プロレスにスカウトされリングに上がる…『リングの母』。大事な時に鍵って寝坊してしまう大学3年の青年。しかし、それにはワケが…『朝寝坊』。街頭で犬派猫派の言い争いを耳にした天才科学者が、ある発明に取り掛かる…『キング・オブ・ペット』他、2023から2024年に雑誌掲載された15編を収録。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

2024年、『三丁目の夕日』は連載50周年という偉業を成し遂げます。西岸良平氏が描き出す、心が癒される不変の「ニッポンの原風景」に浸ってください!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-