トップ  >  作家・作品一覧  >  菅原亮きん  >  猫で人魚を釣る話

連載作品・作家

あらすじ

医者と、患者。リミットのある恋、踏み入れてはならぬ恋―――繋いだのは、一匹の猫。



院内完治率ナンバーワン、だけど院内好感度ワーストワンの医者、四月一日(わたぬき)正直。

不器用な彼がはじめて心を動かされたのは、”リミット”のあるひとりの患者だった――

まっすぐで、めんどくさくて、愛おしい。
これは一匹の猫が繋ぐ、二人の奇跡の物語。

登場人物紹介





四月一日(わたぬき)正直

「病人を診ずして病気を診よ」がモットーの医者。





吉祥(きっしょう)てら

四月一日の担当患者。三度の飯より猫が好き。





春樹(ハルキ)

ひょんな“嘘”から四月一日に飼われることになった猫。男の仔。




ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

菅原亮きん

著者プロフィール

 

第75回小学館新人コミック大賞にて青年部門大賞受賞作『猫夏』にてデビュー。
初連載となった、医者と余命宣告された女性のラブストーリー『猫で人魚を釣る話』(全3巻)でその瑞々しくもノスタルジックな世界観で注目を集める。

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

虐待、家出、売春…子供たちの叫びを聞け

貧困は子供たちにも容赦なく牙を剥く。
「夢」を見られない、この国の現実を直視せよ。

 

「立ちんぼ」で体を売り続ける18歳家出少女、「トー横」に居場所を求める少女たち、夢を奪われたグラビアアイドル…この貧困は決して他人事ではない--。

 

東洋経済オンラインで1億2000万PVを突破した人気連載、待望のコミカライズ!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

ノンフィクションライター・中村淳彦が貧困に喘ぐ女性達の心の叫びを丹念に取材し、日本の暗部を照らし出した「東京貧困女子。」を、若手の実力派・小田原愛が鮮烈に描く!もはや豊かな国とは言えない、「貧困大国」と化した日本の”リアル”。目を背けたくなるけれど、ページをめくってしまう作品です。ぜひご一読ください!

 

〈 目次をみる 〉

第81話/堀之内 環奈3
第82話/堀之内 環奈4
第83話/宮野 寧々1
第84話/宮野 寧々2
第85話/宮野 寧々3
第86話/宮野 寧々4
第87話/山内 美麗1

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-