トップ  >  作家・作品一覧  >  卯月妙子  >  港町ブルース

連載作品・作家

あらすじ

自伝的漫画作品を描く卯月妙子氏が、 自身の壮絶な半生を描いた『人間仮免中』ーーその後。

 

『人間仮免中』(イースト・プレス社刊)で、多数の賞にランクインした卯月妙子氏の最新作 『港町ブルース』

 

25歳の年の差を乗り越えて結ばれたボビーとの穏やかな日々。
のはずが、一転ーー
ボビーが倒れ、緊急搬送された時から物語が始まる。

 

72歳のボビーの身体に起きた異変。
それを全力で支える卯月妙子。
ただ「生きろ」と願う、純粋で強烈な祈りと覚悟の日々ーー
卯月妙子の新たな闘いが始まる。

 

全身全霊をかけて添い遂げようとするふたりの魂の物語!!

 

登場人物紹介

■卯月妙子(うづきたえこ)47歳。漫画家。統合失調症。障害者2級。

波瀾の人生を生き、ようやく今、25歳年上の夫とともに穏やかな日を過ごす。が……

■ボビー(石原吉朗)72歳。卯月の夫。人間としても男性としても卯月が絶大に信頼し愛する人。卯月のすべてを受け止める。

■としゆきさんボビーの実弟。現在、卯月夫妻と同じ町に住み、色々と面倒も見てくれる存在。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

卯月妙子

著者プロフィール

卯月妙子(うづき・たえこ)漫画家

 

1971年12月30日生まれ。重度の発達障害を持って生まれる。10歳の頃から幻聴、幻覚などが始まる。19歳から統合失調症の治療を開始。
20歳で結婚し一児をもうけるが、夫の会社倒産などによってAV女優、ストリッパー、ホステスなどをやりながら、挿絵、文章などの仕事もおこなう。同時に’91年漫画家としてもデビュー。実録エッセイ漫画などでカルトな人気を得る。
夫の自殺を経験し、統合失調症が悪化。
その後、各作品にも登場する「ボビー」と再婚し、現在に至る。
’09年、万能感から自身は歩道橋から投身し顔面崩壊、片方失明するが、一命を取り留める。

 

自身の経験を、その壮絶さだけでなく他者への優しさも保ちながら描く著作は多くの読者の支持を得て、2012〜2013年に『人間仮免中』(イースト・プレス刊)で各賞にランク・イン。
ほかの代表作に『人間仮免中 つづき』(小学館刊)『実録企画モノ』『新家族計画』『鬱くしき人々のうた〜実録閉鎖病棟』(太田出版刊)などがある。
現在、ビッグコミックオリジナル増刊号にて『港町ブルース』を連載中。

作品紹介

最終兵器ソーラ・レイ、遂に発射!!!!

 

ソーラ・レイを奪い合う地球連邦軍と南洋同盟。
両軍入り乱れる怒濤の総力戦が繰り広げられるなか、ジオンに対する復讐心を秘めていたカーラが豹変!

 

レヴァン・フウを裏切り、サイコ・ザク軍団をコントロールしてジオン国民の虐殺を目論む。
カーラの暴走は、目覚めさせた自分の罪だと感じ、大きなショックを受けるダリルだが…

 

一方、戦況の逆転には撃つほかないとソーラ・レイの発射を決めた連邦軍。
カウントダウン、遂に開始!!

 

……もうこの先の“刻”は見えない……
ソーラ・レイ発射!!!!!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

シリーズ累計500万部を突破した“大人のガンダム”として圧倒的人気を誇る『機動先生ガンダム サンダーボルト』。掲載誌「ビッグコミック スペリオール」では連載200回を迎えて、さらに目が離せない展開を見せます。この第23集では遂にソーラ・レイが火を噴き、戦場は一気にカオスに!太田垣氏の圧倒的な画力で描かれる最終兵器の威力……この作品でしか味わえない“恐怖”を体感してください!そしてカーラの度肝を抜く“衝撃の行動”をぜひとも目撃してください…!!

 

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-