トップ  >  作家・作品一覧  >  卯月妙子  >  港町ブルース

連載作品・作家

あらすじ

自伝的漫画作品を描く卯月妙子氏が、 自身の壮絶な半生を描いた『人間仮免中』ーーその後。

 

『人間仮免中』(イースト・プレス社刊)で、多数の賞にランクインした卯月妙子氏の最新作 『港町ブルース』

 

25歳の年の差を乗り越えて結ばれたボビーとの穏やかな日々。
のはずが、一転ーー
ボビーが倒れ、緊急搬送された時から物語が始まる。

 

72歳のボビーの身体に起きた異変。
それを全力で支える卯月妙子。
ただ「生きろ」と願う、純粋で強烈な祈りと覚悟の日々ーー
卯月妙子の新たな闘いが始まる。

 

全身全霊をかけて添い遂げようとするふたりの魂の物語!!

 

登場人物紹介

■卯月妙子(うづきたえこ)47歳。漫画家。統合失調症。障害者2級。

波瀾の人生を生き、ようやく今、25歳年上の夫とともに穏やかな日を過ごす。が……

■ボビー(石原吉朗)72歳。卯月の夫。人間としても男性としても卯月が絶大に信頼し愛する人。卯月のすべてを受け止める。

■としゆきさんボビーの実弟。現在、卯月夫妻と同じ町に住み、色々と面倒も見てくれる存在。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

卯月妙子

著者プロフィール

卯月妙子(うづき・たえこ)漫画家

 

1971年12月30日生まれ。重度の発達障害を持って生まれる。10歳の頃から幻聴、幻覚などが始まる。19歳から統合失調症の治療を開始。
20歳で結婚し一児をもうけるが、夫の会社倒産などによってAV女優、ストリッパー、ホステスなどをやりながら、挿絵、文章などの仕事もおこなう。同時に’91年漫画家としてもデビュー。実録エッセイ漫画などでカルトな人気を得る。
夫の自殺を経験し、統合失調症が悪化。
その後、各作品にも登場する「ボビー」と再婚し、現在に至る。
’09年、万能感から自身は歩道橋から投身し顔面崩壊、片方失明するが、一命を取り留める。

 

自身の経験を、その壮絶さだけでなく他者への優しさも保ちながら描く著作は多くの読者の支持を得て、2012〜2013年に『人間仮免中』(イースト・プレス刊)で各賞にランク・イン。
ほかの代表作に『人間仮免中 つづき』(小学館刊)『実録企画モノ』『新家族計画』『鬱くしき人々のうた〜実録閉鎖病棟』(太田出版刊)などがある。
現在、ビッグコミックオリジナル増刊号にて『港町ブルース』を連載中。

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

特別付録 AG版WM設定集付き!

幻の青い「海」に到達することを夢見ていたベルと外洋修理船ビスケインとそのクリーたちは、イノセントから盗んだLS(ランドシップ)で希少価値の高い布「ペイルゲイル」を作るバイスたちと出会い、共に旅することに。

 

その旅の途中でベルは、黒いゴーグルの男と出会った影響で、拾われて育てられた村を飛び出した過去を明かしたのだった。

 

そして、LSを取り戻そうとするイノセントの執政官ビジューに命令された、赤土のアンビルヘッド、ポーラ&ハブ、黒いゴーグルの男たちとのWM(ウォーカーマシン)バトルの幕が上がる!

 

ザブングルに乗るベルは栽培船を、「ペイルゲイル」を作るバイスたちを守ることができるのか!?
さてィ……!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

4集の見どころは、フル武装したザブングルの登場!
双方が繰り出す多彩な作戦・先方は、必見のロボアクションです!!
想定外な力を見せつける黒いゴーグルの男操るガバメントも見逃せません。
その上、新章に登場する新LSの奇抜なデザインはメカ好きの心を打つこと間違いなし!

 

特別付録として、アナザー・ゲイル版WM初期設定集が付きます。
その内容は、連載前に描かれていたスケッチや設定に田中むねよし氏による解説を加えて、ザブングルをはじめ、これまで本作に出てきたWMの詳細をご紹介!
さらに「クレートメカニック」誌に2017年に掲載され、コミックス未収録のザブングルエッセイ漫画も収録いたします。
WM好きには、ぜひ手に取っていただきたい特盛りの内容です。

 

放送から40年を経て今もなお人を魅了してやまない「ザブングル」ワールド!
新たな青い閃光の物語をぜひお楽しみください。

 

〈 目次をみる 〉

 

第17話 ちょっと地形を変えちゃったわね~
第18話 おめえ案外……やるじゃねえか!
第19話 どうしたってパフォーマンスが上がっちまう、ってワケよ。
第20話 「海を探す者」……
第21話 発砲に躊躇はしないよ!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-