トップ  > 作家一覧  > 卯月妙子

卯月妙子

著者プロフィール

卯月妙子(うづき・たえこ)漫画家

 

1971年12月30日生まれ。重度の発達障害を持って生まれる。10歳の頃から幻聴、幻覚などが始まる。19歳から統合失調症の治療を開始。
20歳で結婚し一児をもうけるが、夫の会社倒産などによってAV女優、ストリッパー、ホステスなどをやりながら、挿絵、文章などの仕事もおこなう。同時に’91年漫画家としてもデビュー。実録エッセイ漫画などでカルトな人気を得る。
夫の自殺を経験し、統合失調症が悪化。
その後、各作品にも登場する「ボビー」と再婚し、現在に至る。
’09年、万能感から自身は歩道橋から投身し顔面崩壊、片方失明するが、一命を取り留める。

 

自身の経験を、その壮絶さだけでなく他者への優しさも保ちながら描く著作は多くの読者の支持を得て、2012〜2013年に『人間仮免中』(イースト・プレス刊)で各賞にランク・イン。
ほかの代表作に『人間仮免中 つづき』(小学館刊)『実録企画モノ』『新家族計画』『鬱くしき人々のうた〜実録閉鎖病棟』(太田出版刊)などがある。
現在、ビッグコミックオリジナル:デジタル版にて『港町ブルース』を連載中。

作品一覧

ビッグオリジナル

港町ブルース

作家一覧に戻る