トップ  >  作家・作品一覧  >  昌原光一  >  こはぜ町ポトガラヒー

連載作品・作家

あらすじ

侍大家とワケあり店子。小さな長屋の大きな人情!

 

異端のサムライ大家と店子たち。江戸人情を描けば右に出る者なし!
の昌原光一が描く、語られることのなかったもう一つの幕末維新史。

 

華のお江戸の片隅「こはぜ町」に小さな長屋がありました。
侍大家のこの長屋、住人は揃いも揃って“ワケあり者”ばかり。
過去の罪、大切な恋の終わり、親子のすれ違い、女の生きる道、自分の正義を貫くこと……苦しくて難しいこと全部、ここでは人情が包んでくれる。

 

優しさ以上、お節介未満——人間関係での悩みも尽きぬ現代人にこそ染みる、粋な人情をとくとご覧あれ!

 

登場人物紹介

鳴滝弥一郎(なるたきやいちろう)

鳴滝家長男。庭内の長屋の大家をしている。
大らか(すぎる?)性格で、ワケありの店子を次々受け入れる。

鳴滝彦衛門(なるたきひこえもん)

鳴滝家の次男。
兄とは対照的に真面目で堅実。

鳴滝千草

彦衛門の妻。双子の母。

おりん

長屋の住人。元罪人。自分を変えてくれた弥一郎に、特別な想いが…!?

安坊

みなし子。長屋の縁の下に、半分の店賃で住むことに。

登勢(とせ)

おりんと因縁のあった女。
夫に離縁され行き場をなくし、長屋に。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

昌原光一

1967年、京都府生まれ。漫画家・高井研一郎氏のアシスタントを経て1999年「週刊ヤングジャンプ」にてデビュー。
2011年、第15回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門新人賞受賞。
代表作に『こはぜ町ポトガラヒー 〜ヒト月三百文晦日払〜』、『自選 人情幕ノ内』、『江戸のたまもの』(小学館)、『ひなつば』(リイド社)など。光と影のコントラストが印象的な画風は、漫画家の中にファンも多い。

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

全ての人々の悩みを描く終末期ストーリー。

終末期病棟に勤める看護師・辺見に”主任”昇格の打診が。
より一層の責任と業務を負うことに躊躇いを覚える辺見だったが…

 

死と生が交錯する終末期病棟(ターミナル)を舞台に、看護師・辺見、新たなステージヘ。
沖田×華の会心作、第12集。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

実写ドラマ化もされ、絶好調の本作もいよいよ12集に突入。
今集で、終末期病棟に勤務する主人公・辺見に主任昇格の打診がやってきます。
ただでさえ激務の看護師ですが、主任となると更に大きな責任を負うことに躊躇する辺見ですが、一方、病棟では人間関係のトラブル絡みの事件が起こり…?

 

果たして辺見の選択は?
終末期病棟を舞台に死と生を描く異色の医療コミック、今集も目が離せません!

 

〈 目次をみる 〉

カルテ66 清原栄三郎さん 5
カルテ67 川西奈美江さん 27
カルテ68 加藤シヅさん   49
カルテ69 山田 恵さん   71
カルテ70 増山春美さん  93
カルテ71 青木紗奈さん  115

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-