トップ  >  作家・作品一覧  >  吉田戦車  >  おかゆネコ

連載作品・作家

あらすじ

我が家にも居着いて欲しいと大人気!魅惑の賄いネコ・ツブのおかゆ物語!!



都会生活を送る独身青年サラリーマン・八郎。彼のもとへある日 現れたのは、奇病”しゃべり病”によって人語を解するようになった飼い猫のツブ。生活習慣の乱れた愛するご主人のため、彼は日々せっせと体に良いおかゆを考え、作り、出す!猫舌だけれど!! 戦車ワールド新機軸!レシピも満載でニャンとも可愛い癒やしのグルメまんが★

登場人物紹介





ツブ

しゃべり病によって人語を解するようになったネコ。愛するご主人・八郎のため、日々おかゆを作り出す。





菊川八郎

独身生活を謳歌するツブのご主人。(株)コトリビール勤務。酒とアウトドアが好き。





俵 孝子

(株)コトリビール勤務。八郎に並々ならぬ好意を抱いている。





多田課長

八郎の上司。中年格闘技に燃えるアマチュア格闘家の顔も持つバツイチ。




ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

吉田戦車

1963/8/11生まれ。岩手県水沢市(現・奥州市)出身。A型

▼代表作
『伝染るんです。』、『殴るぞ』、『まんが親』など

▼現連載作品
『出かけ親』、『そぞろマン』

▼受賞歴
1991年、『伝染るんです。』で第37回文藝春秋漫画賞受賞、2015年、第19回 手塚治虫文化賞短編賞を受賞。(不条理ギャグから育児日記まで、独自の笑いのセンスにあふれた一連の作品に対して)

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

全ての人々の悩みを描く終末期ストーリー。

終末期病棟に勤める看護師・辺見に”主任”昇格の打診が。
より一層の責任と業務を負うことに躊躇いを覚える辺見だったが…

 

死と生が交錯する終末期病棟(ターミナル)を舞台に、看護師・辺見、新たなステージヘ。
沖田×華の会心作、第12集。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

実写ドラマ化もされ、絶好調の本作もいよいよ12集に突入。
今集で、終末期病棟に勤務する主人公・辺見に主任昇格の打診がやってきます。
ただでさえ激務の看護師ですが、主任となると更に大きな責任を負うことに躊躇する辺見ですが、一方、病棟では人間関係のトラブル絡みの事件が起こり…?

 

果たして辺見の選択は?
終末期病棟を舞台に死と生を描く異色の医療コミック、今集も目が離せません!

 

〈 目次をみる 〉

カルテ66 清原栄三郎さん 5
カルテ67 川西奈美江さん 27
カルテ68 加藤シヅさん   49
カルテ69 山田 恵さん   71
カルテ70 増山春美さん  93
カルテ71 青木紗奈さん  115

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-