トップ  >  作家・作品一覧  >  柳本光晴  >  響~小説家になる方法~

連載作品・作家

あらすじ

突如現れた15歳の天才女子高生小説家! 彼女は世界を変えるのか!?



とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。編集部員の花井は、応募条件を満たさず、ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。封を開けると、これまで出会ったことのない革新的な内容の小説であった。作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

登場人物紹介





鮎喰響

高校二年生の文学少女。自分の感覚に正直で、人間関係は常にギクシャク。文芸誌「木蓮」から小説家デビューし、芥川賞・直木賞W受賞。




椿 涼太郎

高校二年。幼い頃から響を見守ってきた。響の保護者のような存在?





花井ふみ

出版社・小論社の文芸編集部に勤務する入社3年目の女性編集者。響の担当。





祖父江凛夏

響が入部した文芸部の部長(三年)。父親は日本を代表する小説家・祖父江秋人。響と同じく「木蓮」から小説家デビュー。





関口花代子

文芸部の同級生。ライトノベルが好きだが、正直文才は無い。





津久井

一ツ橋テレビのプロデューサー。アイドル作家を作り、それをきっかけにアニメ界を変えようと考えている。




ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

柳本光晴

作品紹介

ボカロP・カンザキイオリ昂奮の完結巻!!

 

〈 書籍の内容 〉

茜音たちがコンピアルバムの発売に向け準備を進める中、Highestの財原の策略で、神崎 仁に対する暴露記事がでてしまう。茜音との親子関係、灯との一連の騒動が明るみになり……
またも絶望に直面する茜音。最後に行き着く先は――
凡才ボカロPの物語、ついに完結。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

『命に嫌われている。』『あの夏が飽和する。』『25時の情熱』のボカロP・カンザキイオリ氏からの推薦コメントもいただいております!

 

「ボカロP」「歌い手」という現代の一大音楽ジャンルを舞台に、「才能」に切り込んでいったアツい漫画の完結巻です!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-