トップ  >  作家・作品一覧  >  月子  >  最果てにサーカス

連載作品・作家

あらすじ

悲しみが汚れつちまう…前夜!


詩人・中原中也×批評家・小林秀雄の邂逅が生んだ青春愛憎劇、発火!!

大正14年(1925年)、小説家を目指す文学青年・小林秀雄に訪れた“運命の出会い”。その相手とは、中原中也。自意識の殻に閉じこもっていた小林の人生に、強い衝撃を与える中也。そして彼には交際している一人の女がいた…。実在の人物・事実に題をとり、フィクションを交えて描き出す、文学に命をかける熱き若者たちの真摯で切なく物狂おしい物語がここに始まる!!

登場人物紹介





中原中也(なかはらちゅうや)

18歳。ランボオに憧れる天才詩人。





小林秀雄(こばやしひでお)

23歳。文学を志すが、自分の道を探している大学生。




ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

月子

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

セカンドライフの達人、伊能に学べ!

江戸時代、50歳を前に仕事にすっぱり見切りをつけ、興味の赴くまま暦学を学び、ついには精密な日本地図を作り上げた伊能忠敬。
記憶をなくした絵師・空とともに鳥の目で日本を観る旅へ!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

50歳目前、家業は成功しいつでも楽隠居できる身でありながら、敢然と長年の夢、暦学の勉強を始めた男。そしてついに現代人さえ驚嘆する精度の日本地図を生涯かけて完成に導く。リタイヤ後にまったく別の世界でもうひとつの金字塔…世界に誇るべきセカンドライフの達人、その暮らしと信条を描く!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-