トップ  >  作家・作品一覧  >  業田良家  >  機械仕掛けの愛

連載作品・作家

あらすじ

短編漫画の名手が、人間とAIの未来を探る…!



ヒトではないキカイが、「生きたい」と叫ぶ——ココロを持ったロボットたちの愛情と葛藤、そして“人間”を描きだす。第17回手塚治虫文化賞 短編賞、第19回文化庁メディア芸術祭 優秀賞を受賞した、寓話的オムニバス! 短編漫画の名手が、人間とAIの未来を探る…!

キカイにココロはあるのだろうか。ヒトにはココロがあるというのか。

持ち主に飽きられたペットロボの女の子は、愛された記憶を頼りに“お母さん”を捜すが…? 人間の遺言で自由を手に入れた、介護ロボの苦悩とは? 思い出を託された執事が、約束を果たすために選んだ道は? ロボット神父は、搾取に苦しむ農民たちを導けるのか?
本を愛する刑事、子育てのベテラン、失敗ばかりのダメ店員、宅配ロボ、監視ロボ、尋問官、教師……ヒトのために生まれ、ヒトのために働き、ヒトを想う彼らだが、実はプログラムされた機能を果たしているのみ。ロボットたちの“単なる機能”が、私たちに“ココロ”を見せるのだ。



恋人ロボは僕に言った。「私に愛情はありません。機能があるだけなんです」……そして彼女は姿を消した。高いビルから飛び降りたのだ。街にたたずむ自販機、お寺のロボット小坊主、そして、かつて人間だったころの記憶を持つ「ブレイノイド」。単行本第2集・第3集では、いっそうペーソスを増しつつも、愛に満ちた物語が綴られてゆく。

コミックス第4集・第5集には、Twitterで2万を超えてRTされ続けている名作たちが収録されている。
「私には命がないから、誰も悲しみません」――ペットとして飼ってきた愛くるしい犬を、“処分”してくるよう命令された家事ロボット。ペットを想うロボットに、いったい何ができるのか…?
幸せあふれる結婚披露宴。花嫁の父親は、ロボットだった。「この日を妻にも見せたかった」……彼の記憶にある妻の姿は?
ビートルズそっくりなロボットが、「ビートルズが作りそうな新曲」を生み出して、バンドを組んでデビューしたら…!?
ヒトの世界にキカイがもたらす、ココロのさざめき。キカイは何を教えてくれるのか。ヒトが、ヒトでいる意味はなんなのか。

フワフワの着ぐるみ、クラスの転校生、未来を予言する者、そして誰もが待ち望んだ、聡明で清廉で公正な大統領。ロボットの彼らが、ヒトの世界を変えていく。だが、技術が進歩しても、キカイを操っても、ヒトを殺すのはヒトである。現代社会が注目する「人間とAI」にまつわる物語を、丹念に貪欲に描いていく寓話的オムニバス――その果ては、どこにあるのだろう。



第6集には、たくさんの患者に光をもたらしてきた眼科手術のスペシャリスト、すべての本を燃やし尽くす工場の管理者、いじめ撲滅のために送り込まれた教師のロボットなどが描かれる。役割を果たすために生まれたロボットたちは、どこまでも静かに、ヒトの世を映し出す。
ヒトは、ヒトを傷つける。だが、ヒトはみずから学んでココロをアップデートしていくことができる、はずだ。手塚治虫文化賞 短編賞、文化庁メディア芸術祭 優秀賞受賞作!

たった24ページの短編で何度も予測を覆される構成と、最後のコマまで気を抜けない奥深さ。マンガを志す人はもちろん、夏休みの学生にもおすすめしたい。1話完結、どこからでも読める短編集。

『機械仕掛けの愛』へのキーになる過去作『男の操』、NHK BSプレミアムにて連続テレビドラマ化!
※放送は終わりました。
>>NHK BSプレミアム『男の操』

登場人物紹介

 




まい

持ち主に飽きられた、ペットロボの女の子。




広沢さん

人間の財産を受け継いでしまった介護ロボ。




マーシー

あったかくてフワフワな、ベテラン子育てロボ。




リック

主人たちから想いを託された執事ロボット。




鎮念(ちんねん)

お寺のロボット小坊主。お使いの旅に出る。




バイブル

宗教団体の勧誘ロボ。街頭で愛を説き続ける。



 



「24ページあればどんな物語でも描ける」――『機械仕掛けの愛』業田良家氏インタビュー!(前編)
>>詳しくはこちら!!

「キャラクターが勝手に動く、というのは感じたことがない」――『機械仕掛けの愛』業田良家氏インタビュー!(後編)
>>詳しくはこちら!!

披露宴にやってきた花嫁の父はロボット――“父”の娘への愛情を描く漫画に目頭が熱くなる (1/3) - ねとらぼ
>>詳しくはこちら!!

ロボットのお父さんが、娘の結婚式で過去を語る話(1/7) - Twitter
>>詳しくはこちら!!

【読み切り】飽きられた少女ロボットが「お母さん」を探しに行く話(1/6) - Twitter
>>詳しくはこちら!!

悩める就活女子に「キムチおしるこ」をすすめる自販機の話(1/7) - Twitter
>>詳しくはこちら!!

業田良家氏の名作『男の操』連続テレビドラマ化! 主演の演歌歌手には浜野謙太さん! 豪華キャストをご紹介!
>>詳しくはこちら!!

人間とAIにまつわるオムニバス『機械仕掛けの愛』第4集発売! ロボットは世界を変えるのか。ヒトを殺すのは誰なのか。【試し読み】
>>詳しくはこちら!!

文化庁メディア芸術祭 優秀賞受賞!特別寄稿・『機械仕掛けの愛』業田良家氏の哲学!トークショーも!
>>詳しくはこちら!!

第17回手塚治虫文化賞贈呈式 手塚治虫文化賞:朝日新聞社インフォメーション
>>詳しくはこちら!!

家事ロボットが、ペットの犬を“処分”しろと命令される話(1/7) - Twitter
>>詳しくはこちら!!

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

業田良家

1958/7/27生まれ。福岡県出身。

▼デビュー作
『ゴーダ君』

▼代表作
『自虐の詩』『空気人形』『機械仕掛けの愛』『男の操』

▼現連載作品
『機械仕掛けの愛』『百年川柳』

▼受賞歴
『自虐の詩』は2007年、『空気人形』は2009年に映画化。『男の操』は2017年にテレビドラマ化された。『機械仕掛けの愛』で2013年に第17回手塚治虫文学賞 短編賞、および2015年に第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞を受賞。

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

全ての人々の悩みを描く終末期ストーリー。

終末期病棟に勤める看護師・辺見に”主任”昇格の打診が。
より一層の責任と業務を負うことに躊躇いを覚える辺見だったが…

 

死と生が交錯する終末期病棟(ターミナル)を舞台に、看護師・辺見、新たなステージヘ。
沖田×華の会心作、第12集。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

実写ドラマ化もされ、絶好調の本作もいよいよ12集に突入。
今集で、終末期病棟に勤務する主人公・辺見に主任昇格の打診がやってきます。
ただでさえ激務の看護師ですが、主任となると更に大きな責任を負うことに躊躇する辺見ですが、一方、病棟では人間関係のトラブル絡みの事件が起こり…?

 

果たして辺見の選択は?
終末期病棟を舞台に死と生を描く異色の医療コミック、今集も目が離せません!

 

〈 目次をみる 〉

カルテ66 清原栄三郎さん 5
カルテ67 川西奈美江さん 27
カルテ68 加藤シヅさん   49
カルテ69 山田 恵さん   71
カルテ70 増山春美さん  93
カルテ71 青木紗奈さん  115

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-