トップ  > 山口貴由  > 劇光仮面

作家紹介

山口貴由

原稿を納めた後、久しぶりに熱が出て一日横になっていました。
週刊誌連載の頃の懐かしい疲れを感じ時間が巻き戻ったような気がしました。

 

昨日、深夜のコンビニで劇光仮面が載ったスペリオールとアイスを買って帰宅する時、この作品に賭けると覚悟を決めました。

 

全然、興味や知識のないジャンルであっても、それについて熱を持って語り合っている人がいると、不思議と耳を傾けてしまうことがあると思うし、何かが伝わると思っているので、劇光仮面はそこに一縷の望みを託してプレゼンしていこうと思います。

 

山口貴由

 

(*連載第1話、掲載誌発売後の山口氏コメントより)

作品紹介

僕は何者でもない。僕は器に過ぎない。

──それこそが僕の強さだ。そんな想いを胸に秘め、29歳の青年、実相寺二矢はアルバイトで日々を暮らす。

 

登場人物紹介

実相寺二矢(じっそうじ・おとや)

主人公。29歳。大学時代「特撮美術研究会(特美研)」に所属。現在はアルバイト生活。

切通昌則(きりとおし・あきのり)

大学時代、実相寺が所属した「特撮美術研究会(特美研)」を主催。29歳で死去。

真理りま

大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。現在はテカラトミー事業部勤務。

中野考文(なかの・たかふみ)

大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。現在は神奈川県警勤務。

芹沢耀(せりざわ・よう)

大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。現在は東京(とうけい)大ポストドクター。

成田一縷(なりた・いちる)

大学時代、実相寺と同じ「特撮美術研究会(特美研)」に所属。