トップ  > 柴門ふみ  > 恋する母たち

最新コミックス

作家紹介

柴門ふみ

作品紹介

〈書籍内容〉

名門中学に通わせる息子はいずれも出来が悪くて落第目前。

そんな息子たちをきっかけに出会ったのは、 夫が不倫相手と失踪しシングルマザーで息子を育てる・杏、 不倫夫に悩むセレブ妻・まり、専業主夫を持つキャリア妻・優子。

互いの距離を少しずつ縮めながら交錯する三人に訪れた「恋」――

母であり妻である彼女たちの人生に待ち受けるのは・・・!?

〈編集者からのおすすめ情報〉

『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』などで一世を風靡した恋愛マンガの名手・柴門ふみさんが描く最新作は、驚くほどリアルな「大人の恋」。

芽生えてしまった「ときめき」と、生きていかねばならない「現実」にどう対峙するか――

背負うもの、守るものを持ち、人生経験を積んだアラフォー女性の“揺らぎ”が恋を通して映し出されます!

登場人物紹介

石渡杏
10年前に夫が失踪。パートで生計を立て、息子を育てる。

蒲原まり
弁護士で高収入の夫を持つ専業主婦。夫の不倫に悩む。

林優子
ビールメーカーに勤務する有能な社員で宣伝部長。息子は引きこもり。

斉木巧
週刊誌記者。元妻が杏の夫と駆け落ちしたことで杏と知り合う。

今昔亭丸太郎
バツ3の人気落語家。まりに惹かれ、強引に誘いをかける。

赤坂剛
優子の部下。優子の12歳年下で新企画のリーダーに抜擢。

石渡慎吾
杏の元夫。記憶喪失。

蒲原繁樹
まりの夫で弁護士。部下と不倫。

林シゲオ
優子の夫。専業主婦。