2019.11.10
週刊スピリッツ

大石日々の初連載『プラネットガール』。漫画家・幸村誠、いくえみ綾、石黒正数、NASA技術者・小野雅裕からの推薦の声!!

最注目新人作家・大石日々の初連載『プラネットガール』第1集、ついに11/12発売! 本作への応援コメントをご紹介します!!

「この子をあの惑星に送り届けるよ――」 宇宙船技師の砂鉄は子供の頃に身を寄せた造船所で姉同然のマキ達と暮らす日々だが、惑星探査時に遭難した父の事故の再現実験をやめられない…。そんな彼の元に現れた迷子の宇宙人少女を前に砂鉄は…!?
宇宙からやってきた少女と不器用な青年が出会ってはじまる、日常系SFアドベンチャー!!

【プラネットガールへの応援の声!!!】

ソラちゃんがかわいい!SF史上最もかわいい宇宙人!
管理機構がソラちゃんのことを全く人間的な認識をしていないことにすごくこう、不穏な未来を感じます。守ってやるんだぞ砂鉄!
ソラちゃんが何者なのか、人類以外の知的生命体がどのような暮らしをしているのか、たいへん興味をそそられると同時に、「大石日々さん、すごいテーマに挑戦しているなぁ…」といち読者ながらドキドキします。地球外知的生命体ほど想像力を掻き立てられ、また想像力がどっさり必要なテーマもないと思います。がんばって大石さん!
ともあれ!1巻分拝読の上ではやはり!「SF史上イチバンかわいい宇宙人!」これに尽きます。ソラちゃん、幸せになれ…!

幸村誠 (漫画家・『プラネテス』『ヴィンランド・サガ』)

———
かなしくなってもだいじょーぶ!ワタシもソラのことぜんぶしりたい!…でもちょーよわだからな…。ドキドキの展開が止まりません〜!!

いくえみ綾 (漫画家・『あなたのことはそれほど』『G線上のあなたと私』『おやすみカラスまた来てね。』)

———
本格SFと子育て、日常と陰謀がグランドクロスしている! そんな絶妙なバランスの中たまにSFの事になると早口になる感じ、SF者の宿命を感じざるを得ない。

石黒正数 (漫画家・『天国大魔境』『それでも町は廻っている』『木曜日のフルット』)

———
「海の家の桟敷の香りと、三丁目の町工場の機械油の匂いが、宇宙背景放射のように全方位から漂ってくる、どこか懐かしい宇宙SFファンタジーです!」

小野雅裕 (NASA技術者 『宇宙に命はあるのか』)

———

>>『プラネットガール』×「LaQ」コラボ展示書店のご案内はこちら

>>プラネットガール1話試し読みはこちら
http://spi.tameshiyo.me/PLANE01SPI

>>プラネットガール作品詳細はこちら

Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る