廃盤
恋は雨上がりのように 第10集
眉月じゅん
2018/04/27発売
週刊スピリッツ

橘あきら17歳。高校2年生。

ガーデンで過ごした大晦日から年が明け大雪の元旦。

部屋で一人黙々とペンを走らせる店長。

編み上げたマフラーを下げあきらは傘をさし、家を発つ。

「きっと、すぐやみますよ。」
あの出会いの日から季節はめぐり、二人が雨上がりの空に描くのは―――

『恋は雨上がりのように』 ついに完結――!

BROSイチオシ!
Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る