トップ  >  作家・作品一覧  >  森泉岳土  >  佐々々奈々の究明

連載作品・作家

あらすじ

眠れる失踪事件を追いかける姉妹ミステリー

 

その日突然、優しかったアヴィーはいなくなった――。
中学一年だった流々は、姉の奈々と叔父夫妻の暮らす山荘にやってきた。
しかし翌朝目が覚めると、叔母のアヴィーが山荘から消えていた。
どうやら荷物をまとめて出ていったらしい……。
8年後、残された叔父が亡くなり、流々はふたたび山荘をおとずれる。
整理していた遺品のなかに叔父が描いたアヴィーの絵を見つけ、流々は誰も知らないアヴィーの秘密を思い出す。

 

登場人物紹介

佐々々 流々(さささ るる) 20歳 大学生

佐々々 奈々 30歳(さささ なな)

30歳 ミステリー作家

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

森泉岳土

1975年生まれ。東京都出身。

 

デビュー作
『森のマリー』

 

代表作
『村上春樹の「蛍」・オーウェルの「一九八四」』
『セリー』
『爪のようなもの・最後のフェリー その他の短篇』
etc

作品紹介

魏・呉・蜀、三国が覇を競う大陸へーー

 

〈 書籍の内容 〉

山杜の同盟国・津島の裏切りを知ったヤノハは、アビル王政権の転覆を謀る……!

 

魏への航海の途中にある地理的、政治的障害は何が何でも取り除かなくてはならなかったからだ。

 

しかし海上の戦いにおいては、津島国は筑紫の連合軍をもってしても倒せぬ相手!
限られた人数、限られた日数でヤノハはどう戦うというのか……?

 

一方、日下では戦いを好まぬ新王に対して、吉備津彦、モモソ姉弟は何を企む……?

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉〉

神秘の力を持った本物の「日見子」を殺してしまったことで、「偽物の女王」として生きる覚悟を決めた本作の主人公・ヤノハ。

 

この全く新しい卑弥呼は呪術ではなく兵法を駆使し、敵味方や時に読者の皆様さえ欺きながら、権謀術数渦巻く古代日本を逞しく生き延びていきます。

 

本土(本州)最強の軍事国家・日下と、筑紫島(九州)内の強国・暈。
同盟国の筈が、その暈と通じていた津島……
倭国泰平の前に立ちはだかる強敵たち。
そして、舞台は海の向こうの大国へと移ります。

 

読めば唸ること必至の真・邪馬台国物語。
人々を翻弄し、運命に翻弄される女王の物語。
“倭王”の称号を得るのは誰か――
是非ご注目ください!!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-