トップ  >  作家・作品一覧  >  濱田浩輔  >  レ・セルバン

連載作品・作家

あらすじ

『はねバド!』の俊英が贈る、“喪失と再生”の超巨篇ダークファンタジー!!

山裾の国 ( ヘレンタール ) の王・セルバンは、コントラーノ率いるイリア皇国の侵攻により突如国を、民を、友を、家族を奪われた。
また、侵攻の最中、山裾の国が封印する邪竜が目覚め、国を焼き始める。セルバンの娘・アルシノエが “ 思い出を喰う狂女 ( セント・フアナ ) ”の力で邪竜を抑えようとするが、その力の代償に父との記憶を失ってしまう…
亡国の王と、忘却の姫君。“喪失”で繋がれた二人の、“再生”の旅がいま幕を開ける。

 

登場人物紹介

“ボーン”・セルバン

山裾の国の王。記憶を失ったアルシノエに、自分が父親だと告げるがーー?

アルシノエ

山裾の国の巫女・ハンナの娘。“思い出を喰う狂女”の力を使った代償で、父親との記憶を失ってしまった。

 

Twitterはこちら→@gaburitsukimeet

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

濱田浩輔

デビュー作:どがしかでん!

 

代表作:はねバド!

 

Twitter掲載:@gaburitsukimeet

作品紹介

心の声が聞こえる少年。その苦しみとは…

〈 書籍の内容 〉

『触れた金属を曲げてしまう』という特異な能力を持つ武士、竜土鋼之助。
そして、そんな鋼之助を慕う謎の女、月。
しかし、月は土御門家の手先にさらわれてしまう。

 

失意の鋼之助の前に現れたのは、『未来を見通す』力を持つ盲目の巫女、明。

 

鋼之助は明の助けを借りながら、月を探す旅に出るが…

 

一人の男と二人の女。
過去、現在、未来。
大きなうねりとなり、物語は動き出す。

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

鋼之助は最愛の月を奪われ、偶然出会った盲目の巫女・明と共に、月を探す旅に出ることとなりました。道中では数々の敵が立ちはだかり、鋼之助たちは自らの特異な力を駆使しながら困難に立ち向かっていきます。そして遂に、鋼之助は愛しの月を手に抱く瞬間を迎えます。しかし、その時、追っ手の一人が神のごとき力を持って、鋼之助たちに牙を剥きます。果たして彼らは最大の危機を乗り越えることができるのでしょうか? 必読の巻です! ご期待ください!!

 

〈 目次をみる 〉

目次
第59話   5
第60話   27
第61話   49
第62話   69
第63話   91
第64話   113
第65話   133
第66話   153

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-