トップ  >  作家・作品一覧  >  三輪まこと  >  わるいあね

連載作品・作家

あらすじ

わたしはかつて、実の弟を誘拐した。



植物館の職員として隠れるように生活していた大森日向子のもとに、突然、弟の夏樹が姿を現した。七年ぶりの再会により、胸に蘇る耐えがたき痛み。私はかつて、この弟を誘拐した……。
あの時抱いた、甘く危険な感情。少年ではなく「男」になった弟。私たちは、禁忌を前に立ちすくむ。

新鋭が繊細に描き出す、情念と愛の物語。

登場人物紹介

 




大森日向子(おおもりひなこ)

植物館の職員として働く。かつて弟の夏樹を乗せた車で事故を起こし、一家離散を招いた。




夏樹(なつき)
日向子の弟。瑞樹とは双子。七年前の事故で、当時の記憶が一部失われている。日向子に思慕を寄せている。




瑞樹(みずき)
日向子の妹。夏樹とは双子。日向子のことを強く憎んでいる。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

三輪まこと

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

セカンドライフの達人、伊能に学べ!

江戸時代、50歳を前に仕事にすっぱり見切りをつけ、興味の赴くまま暦学を学び、ついには精密な日本地図を作り上げた伊能忠敬。
記憶をなくした絵師・空とともに鳥の目で日本を観る旅へ!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

50歳目前、家業は成功しいつでも楽隠居できる身でありながら、敢然と長年の夢、暦学の勉強を始めた男。そしてついに現代人さえ驚嘆する精度の日本地図を生涯かけて完成に導く。リタイヤ後にまったく別の世界でもうひとつの金字塔…世界に誇るべきセカンドライフの達人、その暮らしと信条を描く!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-