トップ  >  作家・作品一覧  >  中原 裕  >  僕らはそれを越えてゆく

連載作品・作家

あらすじ

2020年――それでも僕達は夏の甲子園を目指した!!

2019年4月。
天彦高校野球部は、三年生4人に二年生が3人と、全学年で部員が7人しかいない弱小野球部であり、今年も夏の大会には、他校との連合チームで参加する予定であるーー
「来年こそは母校だけで甲子園を目指したい!!」熱く燃える部員達の前に、現実の大きな壁が……!?
稀代の野球漫画家が描く、新しい高校野球青春譜!!

 

登場人物紹介

菱見球斗

天彦高校野球部二年生、ピッチャー。
中学時代にはボーイズリーグで控えのピッチャーだった。

桐原

天彦高校にこの春、転入してきた2年生。

黒沼から因縁をつけられる一方、球斗に絡んでくる。

瀬野真白

天彦高校二年生。野球部のマネージャーにやりがいを感じている。

森川

天彦高校美術教師。隠れ煙草を吸いに、グラウンドを度々訪れる。

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

中原 裕

埼玉県出身。
デビュー作:リョウ(「ヤングジャンプ」)
代表作:『ぶっちぎり』『奈緒子』(原作/坂田信弘)『ラストイニング』他

作品紹介

魏・呉・蜀、三国が覇を競う大陸へーー

 

〈 書籍の内容 〉

山杜の同盟国・津島の裏切りを知ったヤノハは、アビル王政権の転覆を謀る……!

 

魏への航海の途中にある地理的、政治的障害は何が何でも取り除かなくてはならなかったからだ。

 

しかし海上の戦いにおいては、津島国は筑紫の連合軍をもってしても倒せぬ相手!
限られた人数、限られた日数でヤノハはどう戦うというのか……?

 

一方、日下では戦いを好まぬ新王に対して、吉備津彦、モモソ姉弟は何を企む……?

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉〉

神秘の力を持った本物の「日見子」を殺してしまったことで、「偽物の女王」として生きる覚悟を決めた本作の主人公・ヤノハ。

 

この全く新しい卑弥呼は呪術ではなく兵法を駆使し、敵味方や時に読者の皆様さえ欺きながら、権謀術数渦巻く古代日本を逞しく生き延びていきます。

 

本土(本州)最強の軍事国家・日下と、筑紫島(九州)内の強国・暈。
同盟国の筈が、その暈と通じていた津島……
倭国泰平の前に立ちはだかる強敵たち。
そして、舞台は海の向こうの大国へと移ります。

 

読めば唸ること必至の真・邪馬台国物語。
人々を翻弄し、運命に翻弄される女王の物語。
“倭王”の称号を得るのは誰か――
是非ご注目ください!!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-