トップ  >  作家・作品一覧  >  ちばてつや  >  ひねもすのたり日記

連載作品・作家

あらすじ

ぼくらの大好きな、ちば漫画が帰ってきた。オールカラーで1話4ページ。だけどやっぱり胸が熱くなる!
満州に住む千葉少年が迎えた終戦とは?
そして引き揚げの苦労の中で、なぜ少年は絵と物語に目覚めたのか。時間を往き来しながら巧みに語られるマンガ家の半生。

登場人物紹介

 




ちばてつや

ビッグコミックで4ページの連載を始めた、だいぶベテランのマンガ家。




千葉てつや(ちばてつや)

旧満州の奉天(中国の瀋陽市)に住む少年。絵を描くのが好き。



ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

ちばてつや

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

セカンドライフの達人、伊能に学べ!

江戸時代、50歳を前に仕事にすっぱり見切りをつけ、興味の赴くまま暦学を学び、ついには精密な日本地図を作り上げた伊能忠敬。
記憶をなくした絵師・空とともに鳥の目で日本を観る旅へ!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

50歳目前、家業は成功しいつでも楽隠居できる身でありながら、敢然と長年の夢、暦学の勉強を始めた男。そしてついに現代人さえ驚嘆する精度の日本地図を生涯かけて完成に導く。リタイヤ後にまったく別の世界でもうひとつの金字塔…世界に誇るべきセカンドライフの達人、その暮らしと信条を描く!

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-