トップ  >  作家・作品一覧  >  業田良家  >  機械仕掛けの愛 ママジン

連載作品・作家

あらすじ

『機械仕掛けの愛』新シリーズ! ロボ親ママジンと家族の物語!

お母さんロボット・ママジンは、20年にわたって38名の子供たちを育ててきた。ココロを持っていなくても、自分の作る料理の味がわからなくても、みんなの大好きなお母さんだ。

ここママジン家は、集められた孤児たちを、少数の家庭単位でロボットが育てる「孤児家」のひとつ。巣立った大人が、育ってゆく子供が、みんなママジンと家族を想っている――

ママジンは、なんでこんなにやさしいんだろう。普通なようで、とっても特別な、家族の物語。

登場人物紹介

ママジン
孤児たちを育て続けているロボット。料理上手でちょっと抜けてる、みんなのお母さん。

サンゴ
ママジン家の一期生。研究者となり、味覚デバイスなどの開発にいそしんでいる。

関連作品

>>『機械仕掛けの愛』

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-

最新コミックス

作家紹介

業田良家

1958/7/27生まれ。福岡県出身。

▼デビュー作
『ゴーダ君』

▼代表作
『自虐の詩』『空気人形』『機械仕掛けの愛』『男の操』

▼現連載作品
『機械仕掛けの愛』『百年川柳』

▼受賞歴
『自虐の詩』は2007年、『空気人形』は2009年に映画化。『男の操』は2017年にテレビドラマ化された。『機械仕掛けの愛』で2013年に第17回手塚治虫文学賞 短編賞、および2015年に第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞を受賞。

作品紹介

〈 書籍の内容 〉

虐待、家出、売春…子供たちの叫びを聞け

貧困は子供たちにも容赦なく牙を剥く。
「夢」を見られない、この国の現実を直視せよ。

 

「立ちんぼ」で体を売り続ける18歳家出少女、「トー横」に居場所を求める少女たち、夢を奪われたグラビアアイドル…この貧困は決して他人事ではない--。

 

東洋経済オンラインで1億2000万PVを突破した人気連載、待望のコミカライズ!

 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

ノンフィクションライター・中村淳彦が貧困に喘ぐ女性達の心の叫びを丹念に取材し、日本の暗部を照らし出した「東京貧困女子。」を、若手の実力派・小田原愛が鮮烈に描く!もはや豊かな国とは言えない、「貧困大国」と化した日本の”リアル”。目を背けたくなるけれど、ページをめくってしまう作品です。ぜひご一読ください!

 

〈 目次をみる 〉

第81話/堀之内 環奈3
第82話/堀之内 環奈4
第83話/宮野 寧々1
第84話/宮野 寧々2
第85話/宮野 寧々3
第86話/宮野 寧々4
第87話/山内 美麗1

ニュース

ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
ウィジェット化
-