コミックス 作家 Webコミック・コラム 新人賞
ビッグコミック ビッグコミックオリジナル ビッグコミックスペリオール 週刊スピリッツ 月刊スピリッツ
トップ  >  【連載コラム】知られざる『新クロサギ』の〝裏側〟を原案者・夏原武本人が大暴露!! ( 2014/04/19 )

【連載コラム】知られざる『新クロサギ』の〝裏側〟を原案者・夏原武本人が大暴露!!

週刊スピリッツ

2014.04.19

【第2回】裏クロサギ 後編

世の中の〝裏〟を見通す鋭き眼光!! 詐欺防止にかける熱い想いを存分に語る、後編スタート!!






毎週金曜日に発売されている廉価版コミックマイファースト・ビッグ。昨年6月に発売された『新クロサギ』「銀行は、とても汚い〝金貸し〟だ!」に掲載された幻のインタビューを再録!! 誕生秘話から創作上のルールまでたっぷりお見せします!





20140328_kurosagi1.png






20140328_kurosagi2.jpg

《プロフィール》
夏原武。1959年生まれ。雑誌編集者を経てフリーに。裏社会やアウトロー系の取材を長年続け、『現代ヤクザに学ぶ最強交渉・処世術』(宝島社文庫)、『極道のすべらない話』(宝島SUGOI文庫)など著書も多数。『新クロサギ』以外でも、漫画原案者として各出版社で活躍中。








『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』のような心理戦!!






 『新クロサギ』は、詐欺の手口だけでなく、ミステリーとしても楽しめます。
詐欺はロジックの積み重ねなので、いかにうまく嘘を紛れ込ませて相手を信じさせるかが勝負。作品では最初からシロサギが登場をしていて、黒崎との騙し合いが始まります。それは『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』のような高度な心理戦と近いものがあると思います。
盲点や思い込みに注目すると、別の面白さを再発見するかもしれません。作中でもそうですが、実は、詐欺師って騙されやすいんです(笑)。 誰にでも盲点はあるんですよ。
 個人的には『白昼の死角』(著・高木彬光)や『眼の壁』(著・松本清張)のような傑作ミステリーに負けないような作品にしたいと思っています。


20140419_kurosagi1.jpg
 黒崎は詐欺師を騙しますが、決してヒーローではありません。むしろ犯罪者。でも、詐欺に騙された人は黒崎の行動に強く感情移入をしてくれます。
とくに反響がすごかったのは、安愚楽牧場の事件(※事件簿④参照)でした。あの結末を見て「スッキリしました!」「現実もああなって欲しい」という声を、本当にたくさん頂きました。
 でも、これはコミックなので、作品としては解決してますが、現実は厳しくて、まだ裁判が続いています。私としては、そこに歯がゆさを感じています。
 だからせめて、こんなヒドイ事件があったという事を皆さんに知ってもらいたい。その気持ちが『新クロサギ』を作る原動力になっています!





リアルリンク事件簿④ 安愚楽牧場事件






 2011年、戦後史上最大の消費者被害事件が発生。和牛オーナー制で出資者からお金を集める事で、被害者数約7万3千人、被害額約4300憶という途方もない事態に発展した。事件発覚を受け、夏原先生は被害者弁護団団長の紀藤正樹弁護士との対談もおこなっている。事件は『和牛預託詐欺』の話で扱った。




20140419_kurosagi2.png

YSコミックス『クロサギ』第15巻、第16巻掲載。







20140419_kurosagi3.jpg

「簡単に儲かる話なんてありません!」







詐欺の手口には、あえて"小さな嘘"を混ぜています!!






 『新クロサギ』は詐欺の抑制を意識しているので、実は、悪用できないように詐欺の手口に"小さな嘘"を混ぜる事があります。とくに、まだ報道されていないような詐欺は注意を払いますね。法律や手続きには嘘をいれないようにしながら、簡単に真似ができないようにしています。あくまでも、一般の人のための作品ですから!
 今はネットワークビジネス(※事件簿⑤参照)が流行ってますが、あれは人間関係をお金に換えるので、タチが悪い。もし誘われて嫌なら、縁を切る良いチャンスです。それで壊れる人間関係なんて、それまでですよ。
 今は寂しがり屋が多いのか、友達を求めます。でも、正直、大勢の友達なんて必要ありませんよ。しかも、その割には身内を大切にしていない。身内は上下関係だから面倒なんです。でも、友達は横の関係なので凄くラク。気持ちの良い事しか言わない友達なんて本当の友達じゃない。本当に良い友達ってのは、細かくてうるさい奴ですから!
 知らない人が儲け話を持ってくる事はありえません。そして、いい人と知り合ったからと思って、簡単に話にのらない事。常に頭のどこかには「詐欺かも?」と疑う気持ちを持ちましょう。





リアルリンク事件簿⑤ ネットワークビジネス






 『裏献金詐欺』で扱う。ネットワークビジネスとは、人との繋がりによって商品を流通させるビジネスモデル。法律的には合法だが、構造的にはマルチと変わらず、どこかで破綻が起きれば詐欺に変わる危険性を秘めている。「合法ならば良い、という発想のビジネスが横行していいのか?」と夏原先生は疑問視する。




20140419_kurosagi4.png

YSコミックス『クロサギ』第13巻掲載。








リアルリンク事件簿⑥ 震災復興詐欺






 2011年の東日本大震災後には、震災被害者の家に訪れて「このままでは全壊する」と言葉巧みにリフォーム資金を騙し取るなど、詐欺が横行した。過去の阪神淡路や中越の震災後も同様の事件が多発。
夏原「非常事態で動揺している所を、詐欺師は容赦せずにつけ込んできます」。




20140419_kurosagi5.png

BSコミックス『新クロサギ』第13巻、第14巻掲載。








夏原先生の超貴重コラムも掲載されたマイファースト・ビッグ『新クロサギ』「"宝条帝国"に隠された銀行の闇!?」は4月25日発売です!


20140419_kurosagi6.jpg

マイファースト・ビッグ『新クロサギ』「"宝条帝国"に隠された銀行の闇!?」







(取材・文:佐々木翔、撮影:関純一、デザイン:三辻陽子(DAN))

関連リンク
マイファースト発売情報


【初出:コミスン 2014.04.19】

クロサギ,スピリッツ,マイファースト,夏原武,新クロサギ,裏クロサギ,黒丸
ABJ 10401002

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ
使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。