コミックス 作家 Webコミック・コラム 新人賞
ビッグコミック ビッグコミックオリジナル ビッグコミックスペリオール 週刊スピリッツ 月刊スピリッツ
トップ  >  「ありがとう小学館ビル! ラクガキ大会」の舞台裏お見せします #小学館ラクガキ ( 2013/09/30 )

「ありがとう小学館ビル! ラクガキ大会」の舞台裏お見せします #小学館ラクガキ

2013.09.30

AYA_1F_0300_s   2013年8月9日。「取り壊しになる小学館ビルにラクガキしよう!」と、ご賛同くださった25人の漫画家さんと楽しくイタズラしました。これが大きな話題になるとは想像すらしていなかったのですが、翌週にはテレビ、新聞、インターネットなど各種メディアでニュースとなり、真夏の日差しのなか、窓ガラス越しに1階ロビーのラクガキを見る方々が常時100人以上、途絶えることがありませんでした。   そのため、読者の皆さんに近くで観ていただこうと、小学館ビル内の一般公開を8月24日と25日に行うことにしました。   一般公開に先立ち8月22日の夜に開催した漫画家向け内覧会でも、ラクガキが行われました。その結果、1階だけでなく、地下1階通路もラクガキで埋め尽くされることに。ラクガキ大会に参加した漫画家さんは下記の方々です。ベテラン作家、新人作家、描いている雑誌の別もなく、思い入れある小学館作品のキャラクターを無心にラクガキする漫画家さんたち...。この2日間は、漫画家さんたちの漫画愛に溢れる本当に至福の時間でした。   そして24日、25日の一般公開には8000人以上の方々にご入場いただき、ラクガキを前に各所でこぼれるご鑑賞中の皆さんの笑顔に、マンガ編集者として何度も胸が熱くなりました。ありがとうございました。   この一般公開で見ることができなかった皆さんのために、ラクガキの写真をhttps://www.shogakukan.co.jp/小学館公式サイトでも順次公開します。   ラクガキ大会、実は本サイト「コミスン」の打ち合わせメールの中で、「ビルを壊すならラクガキしません?」とスタッフのライター氏が何気なく投げた一言が発端なのです。「コミスン」は、マンガの編集現場からの情報をお伝えすることがモットー。ラクガキ大会当日の空気感、参加された漫画家さんの感想など、そういった"舞台裏"も記事の中で紹介していこうと思います。ぜひお読みください!

■8/9に参加された漫画家のみなさん(合計25名)


あさだみほ、浦沢直樹、柏ぽち、加藤みのり、黒丸、コージィ城倉、島本和彦、白雪バンビ、杉木ヤスコ、高田サンコ、高橋伸輔、高橋聖一、千葉コズエ、月子、ながてゆか、西村ツチカ、ピョコタン、藤子不二雄(A)、松田奈緒子、水口尚樹、溝口涼子、みづほ梨乃、ゆうきまさみ、吉崎観音、和央明(50音順・敬称略)

■8/22に参加された漫画家のみなさん(合計83名)


青木琴美、浅野いにお、芦原妃名子、鮎間衣里、荒井ママレ、杏堂まい、池上遼一、いけだたかし、石神しし、石原まこちん、猪熊しのぶ、伊原しげかつ、岩岡ヒサエ、うつろあきこ、えすとえむ、織田綺、小野田真央、加賀やっこ、樫本学ヴ、一井かずみ、片山ユキヲ、華夜、河合克敏、河合単、北川みゆき、北崎拓、久世みずき、倉田よしみ、黒川あづさ、こざき亜衣、小西紀行、桜小路かのこ、佐藤渚、しがの夷織、篠原千絵、清水まみ、諏訪緑、曽山一寿、たかはしひでやす、高橋留美子、武富健治、玉井雪雄、田村由美、津村マミ、冬目景、とがしやすたか、ながえ直、中村ユキチ、ねむようこ、のむらしんぼ、野村宗弘、原秀則、ヒガアロハ、秀良子、藤井みつる、藤田和日郎、藤原よしこ、冬織透真、武論尊、帆苅梨花、星里もちる、穂積、松島直子、松本しげのぶ、水城せとな、三つ葉優雨、水波風南、室山まゆみ、むぎわらしんたろう、目白花子、紅葉あき、桃井すみれ、桃田紗也、盛田賢司、諸岡きゅうこ、八寿子、ヤマシタトモコ、山田こもも、芳崎せいむ、吉田史朗、竜山さゆり、和久原にこ、渡辺多恵子(50音順・敬称略)   総勢108名の漫画家さんと一緒にラクガキを楽しみました!ありがとうございました!!     <スピリッツ編集部 山内菜緒子>

【初出:コミスン 2013.09.30】
ABJ 10401002

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ
使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。