トップ  > 菅原亮きん  > 東くんの恋猫

東くんの恋猫

作家紹介

菅原亮きん

著者プロフィール

 

第75回小学館新人コミック大賞にて青年部門大賞受賞作『猫夏』にてデビュー。
初連載となった、医者と余命宣告された女性のラブストーリー『猫で人魚を釣る話』(全3巻)でその瑞々しくもノスタルジックな世界観で注目を集める。

作品紹介

仔猫×飼い主の男子高校生×無愛想な教師の青春譚!

 

飼い主の東 大和のことがが大好きな仔猫の來瞳。
彼が「帰宅してから登校するまで」が彼女の世界の全てだった。
いつもと違う様子の大和を見るまではーーー

 

大和が気にする教師「椎名 要」。
いてもたってもいられなくなった來瞳はこれまでの「世界」を飛び出した!

 

仔猫の冒険が巻き起こす爽やかな痛みが胸を甘く締め付ける青春の大冒険が、いま始まるーーー!

 

登場人物紹介

東 大和

16歳の高校生。ヤキトリ屋さんでバイト中。母子家庭で育つ。スケボー少年。

東 來瞳

約11か月の雌の猫。
ある雨の日、大和に拾われた。

椎名 要

大和の担任の先生。数学教師。
29歳。真面目。たぶん独身。

 

>>公式Twitter 菅原亮きん