トップ  > 細野不二彦  > バディドッグ

最新コミックス

作家紹介

細野不二彦

1959/12/2生まれ。東京都出身。

▼デビュー作
『クラッシャージョウ』マンガ少年(朝日ソノラマ)

▼代表作
『さすがの猿飛』『どっきりドクター』『Gu-Guガンモ』『太郎』『ダブルフェイス』『ギャラリーフェイク』

▼現連載作品
『ギャラリーフェイク』

▼受賞歴
第41回小学館漫画賞青年一般部門(『ギャラリーフェイク』『太郎』)

作品紹介

謎のペットロボ・バド。一匹のAIの成長物語!


「ワガハイはバドであるゾ!」 時は2019年。平凡な男・相沢のもとにある日突然、AIを搭載した自立型ペットロボ・バドが届けられる。バドと相沢一家は理由の分からぬまま奇妙な共同生活を始めるが・・・!? AIと人類の未来を占う日常系SF、始動中!



登場人物紹介





相沢正志(あいざわただし)

ジンム電器・「バド研究室」室長。ステージ1の胃ガンを患う。口癖は「ガッツ」。




バド(=ゴーレム?)

海外で開発された人工“超”知能。が搭載された自立型ペットロボット。自分を「ワガハイ」と呼ぶ。




レイチェル・カークライト

米国・国防政策研究局(DARMA)の主任研究員。“ゴーレム”を追跡中。




相沢エミ(あいざわえみ)

相沢正志の妻。主婦で相沢の元同僚。




相沢ルナ(あいざわるな)

相沢正志の娘。高校一年生。アイドルが好き。





ビッグコミック増刊号にて『ギャラリーフェイク』新章スタート!
>>詳しくはこちらへ