2015.04.06
週刊スピリッツ

ゆうきまさみ単行本二冊同時発売&画業35周年記念トーク&サイン会レポート【その1】

『でぃす×こみ』第1集と『白暮のクロニクル』第4集の同時発売と画業35周年を記念して、去る2月7日、21日に大阪と東京でゆうきまさみ氏のサイン会とトークイベントが開催されました。(大阪はサイン会のみ)

20150319_yuuki35th_1.jpg

Twitterで事前に募集したゆうきまさみ氏への質問に答える形で行われたこのトークイベントの内容を、全3回に分けてコミスンで公開! 首都圏のTSUTAYAで2作品の単行本を同時購入していただいた読者の中から、抽選で選ばれた200名を前に行われたトークの様子を、臨場感たっぷりのテキストでお楽しみください!!

トーク&サイン会レポート [その1] [その2] [その3]

20150319_yuuki35th_2.jpg

『でぃす×こみ』で初めてゆうき氏がBLを手がけたということで、2月末に
金田淳子、二村ヒトシとの共著『オトコのカラダはキモチいい』を上梓した
文筆家の岡田 育(おかだ・いく)さんを司会にトークイベントが進行した。

岡田 育(以下 岡) 本日、司会を務めさせていただきます。文筆家の岡田 育と申します。よろしくお願いします。この後にサイン会が控えているということで、トークショーといいつつテキパキと進めていかねばと思っているところですが、ゆうきさん、大丈夫ですか?

ゆうきまさみ(以下 ゆ) こうやって見るとお客さん多いですね。今日はさっきまで原稿をやっていて寝ていないものですから、トークで何を口走るか分かりませんが、何か変なことを喋ったらこの場だけで収めておいていただければと思います(笑)。

岡 早速ですが、今回は『白暮のクロニクル』と『でぃす×こみ』の単行本が2冊同時に発売されたというイベントですけれど、いま楽屋でバタバタなさっていたのは……。

ゆ アシさんから送られてくる『白暮のクロニクル』の原稿の最終仕上げのチェックを。イベントの休憩時間にまた見なければいけない(笑)。

岡 本当にギリギリのところまで……すごいタイムスケジュール!こういう漫画家さんの姿、漫画で見たことがあります(笑)。

ゆ 今日ここに来るために、史上最速のペン入れをしてきましたので。

岡 すごい!それがまたすぐに「週刊スピリッツ」で読めるということですね。

ゆ すぐに読めるの、マズいですよね……(笑)。

岡 イベントの前にTwitter上で皆さんから質問を集めていますので、それに応える形で進めていきたいと思います。皆さんの質問を分類して、それぞれのカテゴリーがスクリーンに映し出されているお題になっています。ゆうきさんにお題を選んでいただいて、その中から1つずつ質問のカードを引いて答えていただく形ですね。お題は大きいものから細かいものまで色々ありますけれど……ちょっとクイズ番組っぽいですね。最初はどれにしましょうか?

20150319_yuuki35th_3.jpg

ゆ うーん……順番にいきましょうか。

岡 では「ネーム/ストーリー」から。ゆうきさんに封筒の中から質問を引いていただいて……(ゆうき氏、質問を引く)「ネームっていくつくらいストックしているんですか? つねに新しい世界を見せてくださるゆうき先生ですが、その溢れるアイデアは書き溜めていらっしゃるのでしょうか?」ということですが、いかがでしょうか。

ゆ ストックはないです(笑)。

岡 まったくですか!?

ゆ まったくないです!

岡 35年間ですか?

ゆ 35年間、まったくないです!

岡 その場その場ですか……編集もやっていた人間としては、背筋の凍る感じなんですけれど(笑)、例えばストーリーラインのようなものは、もちろんできているわけですよね?

ゆ 頭の中で。

岡 プロットとネームでまた違ってくると思いますけれど、連載が始まる前にノートに書き溜めたりとか、そういうものは? まったくない?

ゆ ……正直に、ないです……(笑)

岡 まったく?

ゆ まったくないです。

岡 逆にすごいですね。では表に出ているものが何もないとして、頭の中では過去作と新作の物語展開は、どんなふうに分類されているんですか。

ゆ あまりしてないですね。

岡 いったいどんなふうになっているんですか?

ゆ いや、机で頭を抱えていると〆切間際になって降ってくるんですよ(笑)

岡 『でぃす×こみ』のあとがきでも、ギリギリまで煮詰まっていたご様子が描かれていましたが、本当にそのままなんですか?

ゆ 本当にそのままですね。僕はあらかじめキャラクターのデザインとかをして、いくつも描いておくということをあまりしないんですよ。

岡 ……もう一回聞いてもいいですか? 新連載第一話が始まる前にも、同じように机の前で真っ白の状態から??

ゆ わりとそうですね。だから一回目にキャラクターが大勢出ても、二回目以降に整理されちゃったりするということは結構あります。

岡 なるほど。これだけ出そう!と思っていたけれど必要最小限に削られてしまうこともあると。

ゆ ありますね。

岡 うんと若い頃に「いずれこんな話を描きたいな」と思っていたようなものがあったりして、実際に作品にする時にいきなりそれを描くんですか?

ゆ そうですね……アイデアを描き貯めておくというのは、もちろん全くやらないというわけじゃないですよ。

岡 ちょっと安心しました(笑)

ゆ 古いノートを見たら、どうやら『あ~る』の前身であるらしいキャラクターみたいな絵が描いてあったりとか、そういうことはままありますから、自分でも全然やってないわけじゃないんだな、とこの間思ったんです。本当に、頭の中でおおまかにできたら、それで描き始める感じになっちゃいますね。

岡 例えば、連載が並行している時に作品がごっちゃになったりはしないんですか。

ゆ 別にならないならない。全然違う漫画だからね(笑)

岡 そうか……。ではネームのストックは「まったくゼロ」ということで!これが質問の答えということでしょうか。

ゆ 不真面目な漫画家ですから。

岡 何をおっしゃいますか! このまま「ネーム/ストーリー」のお題で続けますか?

ゆ 次のカテゴリへ。

20150319_yuuki35th_5.jpg

お題ごとにまとめられた封筒の中から、ゆうき氏が引き当てた質問に答えていく。

岡 では、そそくさと次へまいりましょうか。次は「キャラクター」で……(ゆうき氏、質問を引く)「ゆうき先生の漫画に出てくる元気で明るい女の子がとても好きなのですが、キャラクターづくりに影響を与えた女性がいたのでしょうか。やっぱり原田知世さんですか? また、『白暮のクロニクル』で長身の女性を主人公にしたのは何か理由があるのでしょうか?」

ゆ 二つの質問をしてきちゃいましたね、この人は。原田さんは関係ないです(笑)

岡 原田さんは関係ない、と。原田さんは原田さん、元気な女の子は元気な女の子、で?

ゆ 別にモデルにした人はいませんけど、なんか昔からこういう子が好きだなという感じで描いています。

岡 では、『白暮のクロニクルの』のあかりちゃん、長身の女性主人公というのは。

ゆ 背の高い女の子というのは昔から描きたかったんですよ。なかなか出す機会がなくてですね。(『鉄腕バーディー』の)バーディーも170cm近くあるんですけど、それほど大きく見えなかったので、今回はなるべく大きく見えるように描こうかなと思いまして。

岡 あちこちにぶつかっていますもんね。

ゆ 今回は、相棒になる魁が160cmくらいなのね、そこらへんで凸凹コンビの面白さがでるかなと思って。やっと描くチャンスが来た、みたいな感じですね。

岡 あの凸凹感は、個人的にはものすごく萌えます!!

ゆ ありがとうございます。

岡 どんどん行きましょう。次は「小学館」! これはまた不穏な……。質問の入った封筒がちょっと薄い(笑)

ゆ あの質問じゃありませんように!(質問を引く)

岡 「長年にわたって小学館の漫画雑誌で連載を続けていらっしゃるゆうき先生ですが、先生から見た小学館の魅力、小学館らしさや社風、特徴についてぜひ考えを聞かせてください」……これ、担当編集者が紛れ込ませた質問ですかね?(笑)

ゆ アンケートみたいですね(笑) 小学館でずっと仕事をしているといっても、「少年サンデー」「ヤングサンデー」「スピリッツ」の3誌だけですから、これが特徴だって言い切れるものかは分からないんですけれど、結構、好きに描かせてくれます。あまりうるさくないです。

岡 うるさいところもあるということですね?

ゆ 〆切に関して(笑)

岡 確かに(笑)。 作品の内容については柔軟性が高い?

ゆ 柔軟性が高いというか、非常に作家の才能任せみたいな感じがするんですよ。「こうすれば売れるんだ」というノウハウというのはあまりもっていないというか、あまりそこで編集部は押してこない感じですね。僕は「少年サンデー増刊」で仕事を始めたときから、描ける様に描きなさいという風に言われましたから。
 新人さんとかの話を聞くと、どうなのっていう部分もないことはないんですけれど、僕は軽んじられたことが全くなくて、ありがたいことに非常に作家のことを大事に扱ってくれます。それで、大事に思っているが故に、例えば「今度、他社の雑誌で描くことになったんです」という挨拶をすると、「そうですか、頑張ってください!」と快く送り出してくれるんですけれど、作家さんによっては、「困ります!」とか言って止めてくれないの?って、すごくドライに見えることもあるみたいです。

岡 オープンであるが故に、いっておいで!いっておいで!みたいな感じに。

ゆ 作家さんがしたいというなら、そうすればいいというのが、わりと編集部の姿勢としてあるんですね。

岡 確かに、背中にすがってでも引き止めてほしいと思う作家の方もいらっしゃるでしょう。

ゆ ちょっとは引き止めてもいいんじゃないの?って思う人もいるみたいですけどね。でも、本当に作家のことは大事にしてくれる会社だと思います。

岡 あと、このカテゴリーでもうひとつ「ヤマウチさんの怖イイ話を教えてください」という質問もあったのですが……。

ゆ 怖くてイイ話ね……そんなに怖い人じゃないんですよ、漫画に描くほどには(笑)

岡 でも、それはいい話ですね。本当はそんなに怖くない、と。

ゆ 本当は優しい人です。

20150319_yuuki35th_4.jpg

岡 では次のカテゴリーにいきましょう。「ゆうき作品」……これも広いですね。(ゆうき氏、質問を引く)「初めて自分の漫画がアニメという動くものになったとき、どういう感動がありましたか?」

ゆ これは答えるのはすごく簡単。恥ずかしかったです(笑)

岡 なんで恥ずかしかったんですか?

ゆ よく分からないんですけれど、アニメになると何かちょっと恥ずかしくてモジモジしたんです。

岡 自分の作品ではない、みたいな……

ゆ 似ているけれど、違うものを観ているみたいな……。特に『パトレイバー』のグリフォン編のときに、漫画版から話をもってきていたので、当然なんですけれど話がよく似ているんですよ。そこで漫画で使った台詞とかがでてくるのが、とても恥ずかしかったんです。

岡 このアニメ、俺の台詞を喋っている、みたいな?

ゆ お前はこんな恥ずかしいことを言わせているんだぞ、みたいなのを突きつけらるんですよね、あれ。

岡 ご自分が漫画の中でキャラクターに言わせる分には、その恥ずかしさは起きてないわけですよね。

ゆ 起きないですけれど、改めて言われると「うわっ…」てなることが結構ありますね。

岡 そうなのか……。では、そんなアニメの話をこのまま続けていけるでしょうか、次のカテゴリーは「好きな漫画・アニメ関連」というものでございます。

ゆ 好きなアニメは『宇宙戦艦ヤマト』です(笑)(質問を引く)

岡 はい、また外した質問が来ました(笑)。「子供の頃、アニメ以外で好きだった番組は何ですか?」

ゆ 子供の頃は、アニメより『ウルトラ』だったんですよ。

岡 『ウルトラ』ですか。どのあたりでアニメに切り替わったんでしょう。

ゆ 高校卒業してから。どこかで書いた覚えがあるけど、『鉄腕アトム』から始まったテレビアニメは、原作の絵とは似ていなくて、ちょっとがっかりしたことがありまして。それで『ウルトラQ』が始まったときには、一気にそっちへ飛んじゃったみたいな感じだったんです。それを『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』、東映の『妖術武芸帖』あたりまで観続けて、そこからいわゆる子供番組をパッと観なくなっちゃったんですよね。
 弟がいたので『帰ってきたウルトラマン』がテレビで流れているのは横目で観ていましたけれど、自分で観ている感じというのは、初期の『ウルトラ』シリーズから『妖術武芸帖』までで終わっていて、その間はテレビアニメもずっと観ていなくて。でも、『ルパンIII世』があったり、『宇宙戦艦ヤマト』がきたときに、これはすごいものが始まった!というのがあって、そこからアニメに転んだ感じですね。

岡 では、子供の頃はむしろアニメ以外のものを観ていたという。

ゆ もちろん、アニメも観てはいましたけれどね。

岡 では時間も限られていますので、どんどんいきましょうか。「音楽・アイドル」!

ゆ これは苦手だぞ……!(つづく)

トーク&サイン会レポート [その1] [その2] [その3]

(コミスン編集チーム・平岩真輔)

今すぐ無料で試し読み!
白暮のクロニクル 1 ゆうきまさみ
白暮のクロニクル 2 ゆうきまさみ
白暮のクロニクル 3 ゆうきまさみ
白暮のクロニクル 4 ゆうきまさみ
でぃす×こみ 1 ゆうきまさみ

関連リンク
『白暮のクロニクル』作品詳細ページ
『でぃす×こみ』作品詳細ページ
ゆうきまさみ先生サイン会、東京・大阪にて開催! 東京ではトークイベントもあり!!
スピリッツ公式「スピネット」

【初出:コミスン 2015.04.06】

でぃす×こみ,ゆうきまさみ,イベント,サイン会,白暮のクロニクル

Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る