2013.12.08
ビッグスペリオール

「ガンプラEXPO」に行ってきた!! +α(『機動戦士ガンダム サンダーボルト』担当者・編)

さて、前編に引き続き先日行われた「ガンプラ EXPO ワールドツアージャパン2013」(秋葉原UDX)のレポートをお届けさせていただきます。

大盛況だったという今回のエキスポ、会場を入ってすぐにあった展示がこれ!     A     B     そう、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(以下、『サンダーボルト』)のガンプラ商品展示です。 ビッグコミックスペリオールで好評連載中の『サンダーボルト』より、フルアーマーガンダム、ジム、量産型ザク+ビッグガンの3種類が、12月28日に1/144 HG(ハイグレード)シリーズで発売されます。 今回はその完成見本品やジオラマが展示され、大勢の人が足を止めていました。   そして、開催最終日の11月24日(日)には、『サンダーボルト』の作者・太田垣康男先生がサンダーボルトスペシャルステージとして壇上に登場、作品とガンプラ商品化について語るというイベントが催されました……ということで密着です。   C_     『サンダーボルト』ステージ前、GBWC(ガンプラビルダーズワールドカップ)2013の特別プレゼンターとして登場することになった太田垣先生。受賞者の方へのプレゼント用に単行本にサインを入れます。     D   E   リハーサル中、憧れのバンダイ・川口名人と初遭遇! ……から本番、ジュニアコース日本チャンピオンの畑めいさんにプレゼントを渡す太田垣氏。畑さんはなんと10歳(!)の女の子。       F   そしていよいよ『サンダーボルト』特別ステージ。司会・池澤春菜さんの「本物の」ガンダム知識と鋭い質問にたじたじの太田垣先生。右隣には『プラモ男子とプリチー女子』の原作者・ゆきもり先生も飛び入り参加。 「ガンダムを怖い敵役として登場させようと思った」 「かつて自分が見たガンダム、頭の中で美化されていたガンダムを、自分の手で再現してみようと思った」 という、作品に踏み込んだトークが展開され、会場は大盛り上がりでした! 28日発売のガンプラ、みなさんも是非楽しみにしてください。     さて、ここまで読んでいただいた方へのお礼(笑)として、特別に! ガンプラ『1/144 HG フルアーマーガンダム(ガンダムサンダーボルト版)』の初回出荷分だけに同梱されている特別冊子『機動戦士ガンダム サンダーボルト ドック01』の凄い中身を写真で一部公開しちゃいます!!     G

(C)創通・サンライズ

H     担当のオススメは、太田垣先生による『サンダーボルト』ネーム初公開と解説です。皆様ガンプラと一緒に是非手に入れてくださいね。

関連リンク
機動戦士ガンダム サンダーボルト 2
機動戦士ガンダム サンダーボルト 1

【初出:コミスン 2013.12.08】

ガンダム,ガンプラ,サンダーボルト,スペリオール,太田垣康男

Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る