コミックス 作家 Webコミック・コラム 新人賞
ビッグコミック ビッグコミックオリジナル ビッグコミックスペリオール 週刊スピリッツ 月刊スピリッツ
トップ  >  【動画】たなと&雁須磨子《お絵描き対談》男の子のあちらこちらを語り合う!【後編】 ( 2015/12/02 )

【動画】たなと&雁須磨子《お絵描き対談》男の子のあちらこちらを語り合う!【後編】

2015.12.02

「ヒバナ」で『あちらこちらぼくら』を好評連載中のたなと先生と、たなと先生が大ファンだという雁須磨子先生の「お描き対談」後編。初対面にもかかわらず、都内の某カフェでペンを片手に描いていて楽しい男の子の話で盛り上がります。前編にひきつづき、漫画家同士で萌えを語りあう様子を動画つきでお楽しみください!!





たなと&雁須磨子《お絵描き対談》 [前編] [後編]







たなと
2012年『スニーキーレッド』でデビュー。『あちらこちらぼくら』は青年誌初連載作。隔月刊化した「on BLUE」(祥伝社)にて待望の『スニーキーレッド』続編連載開始。




comics_achirakochira_1.jpg





雁須磨子
少女誌・青年誌・BL誌と幅広く活躍。現在は「ハツキス」(講談社)にて『感覚・ソーダファウンテン』を連載中。発売中の「WINGS」12月号(新書館)にてシリーズ連載『ロジックツリー』がスタートしたばかり。




comics_kankakusodafountain_1.jpg






描いていて楽しいのは......






20151201_tanato_1.jpg




――高校生男子で描いていて楽しいのはどんなタイプ?




雁須磨子(以下、雁) 描いて楽しいのも、見ていて楽しいのも、ヤンキーみたいに外してるんじゃなくて普通の着こなしの子。いわゆる普通の子です。




――制服も校則通りに着て、悪目立ちせず、外しすぎない感じですね。




 園木くんみたいなタイプですね。園木くんよりはもうちょっと髪が長いともっといいかも。発育が良くて骨が太い子もいいですね。昔はヤンキー男子が好きでしたけど今はそんな感じです。
 私はここのところ、描くのも見るのもヤンキー男子が楽しいです。電車で脚を広げて座って金髪坊主みたいな。




――でも東京でヤンキーってそんなにいないんじゃ?




たなと(以下、た) あっ......実は、地元の八王子にはまだまだいるんです!(笑)




 そうなんだ(笑)




 改めて地元の魅力に気づきました。いいと思います、ヤンキー。





「昔から丸いものが好き」






20151201_tanato_2.jpg




――『あちらこちらぼくら』を読んで、これまでのお話を聞いているとたなとさんは坊主男子が好きなんだなと感じます。




 好きですね。昔から丸い頭が好きなんです。子供の頃に初めて買ってもらったおもちゃが「地球戦隊ファイブマン」のフィギュアだったんです。観たことのない番組だったのに、そのまるっとした頭が気に入ったみたいで。「ウルトラマンキッズ」も同じ理由で好きでした。




 長髪の人はどうですか?




 長髪は最近すごく好きになりました。雁さんはどうですか?




 長髪と短髪の中間くらいですね。前髪をおろした時にドキッとしたいです。前髪って大事。




 大事ですね!




 好きな顔だと、アラン・ドロンのように平面の顔に鼻がキッと出ているのも好きです。




 雁さんがお描きになる横顔に、その要素が見えます!




20151201_tanato_3.jpg




 でもなんとなく描くと顔を長く馬っぽくしちゃう。アラン・ドロンの平面で鼻がキッ出てる顔も好きだけれど、ジュード・ロウのような、美しい馬を彷彿とさせる顔も大好き。目がきれいでまつげを長めに、みたいな。




 ジュード・ロウは坊主頭のときもかっこいいですよね。私、雁さんの描く流れるような髪型が好きです。




 絶対にこっちに流しちゃうくせがあるんですよね。











 たなとさんは模写した漫画家さん、他にいますか?




 白土三平先生や、新谷かおる先生、あとは石ノ森章太郎先生。




 私は高橋留美子先生の絵をめちゃめちゃ模写しました。




 あ、すごくわかります! 先生の絵から高橋留美子先生をすごく感じる。雁さんの描くつり目の女の子が本当に好き。でも、自分で人間を描くと、タレ目がちになってしまうんです。











「萌え」に、いつ気づいた?






20151201_tanato_4.jpg




――これまで話したような萌えが、自分の中に存在するといつ気づきましたか? ハッキリと感じた瞬間はあります?




 鮮明に覚えているのは「青の時代」というドラマ。安藤政信が演じる澤木朱里が、男の人に身体を触らせてお金を稼ぐというシーンが確かあったんですよ、記憶が曖昧になってる部分もありますが......。それをみて「男の人同士でもこういうことするんだ!」と衝撃を受けて。ダッシュでリビングから2階に上がって、茶髪でパーマの男の子(なぜか上半身裸)が住んでいる部屋に別の男の子が遊びにくるという漫画を描いたんです。




 安藤政信、描いてください!




 え!嬉しいけど、難しい......(笑)。髪型こう、くしゃくしゃで。




20151201_tanato_5.jpg20151201_tanato_6.jpg




 あー!やっぱりだめだ??!




 やだ!消しちゃったら、もったいない(笑)




 それって何歳の時でした?




 小学生の頃です。その後、「やおい」と呼ばれるものの存在をはっきり知ったのが、祖父が入院していた病院でした。当時私が好きだった少年漫画の同人誌がなぜか図書コーナーにあって。




 なんでそんなところに(笑)。商業アンソロ?




 個人発行のものだったと思います。内容も結構激しくて、毎回病院にいっては盗み読みしてました。




――雁さんはいかがですか?




 私も小学生のころですね。少女漫画の中に紛れるBLを巧みに嗅ぎ分け......いや巧みでもなかったかな。今考えると意外と堂々と混ざってましたね!




――そろそろお開きの時間が近づいてきました。




 自分からぐいぐい近づいて、相手にコンタクトを取ろうとする男の子が出てくるお話はすごく大好きです。真嶋くんがすごくいい。好き。




20151201_tanato_7.jpg




 そういうキャラクターにしてよかったです!私は雁さんの漫画を読まなかったら絶対にここにいないというくらい影響を受けているので、今日は本当に感激です。ありがとうございます。私が雁さんの作品と出会ってからこれまで10年以上、たくさんの素敵な作品をお描きになっていて、物凄く尊敬します。今では、雁さんの存在そのものを励みにさせてもらっています!




 照れる......!




 握手してください!




 こちらこそ!




 本当にありがとうございました!




20151201_tanato_8.jpg





たなと&雁須磨子《お絵描き対談》 [前編] [後編]







(取材/構成/撮影 川俣綾加)

今すぐ無料で試し読み!
あちらこちらぼくら 1 たなと

関連リンク
「ヒバナ」公式サイト
『あちらこちらぼくら』紹介ページ
雁須磨子氏ブログ「すまこが日記」
あちらこちらぼくら公式ツイッター(@sonokitomajima)
雁須磨子ツイッターアカウント
(@sumakokari)



【初出:コミスン 2015.12.02】

あちらこちらぼくら,たなと,ヒバナ,動画,雁須磨子

ABJ 10401002

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ
使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。