トップ  > はしもとみつお/宮崎克  > カレーマン

カレーマン

作家紹介

はしもとみつお

宮﨑 克

原作:宮﨑克(みやざき・まさる)
漫画原作者。代表作に秋田書店から刊行されている『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』(漫画:吉本浩二)など。

作品紹介

カレーほど摩訶不思議な料理はない

 

多くのモノから影響を受け、カタチを変えて世界中で食べられている。あなたも彼女も…お父さんもお母さんも…ボクもお嬢ちゃんも…みんな大好きなカレー。

 

そんなカレーの魅力の真髄を探す者たちの物語が『カレーマン』。岬美恵(メイ)は食品メーカー勤務。カレー製品を企画、製作する仕事をしている。新しいカレーの企画が出したくて仕方ない時に 一人の男と出逢う。男の名は神谷正人。名門中華料理店・歓天楼の子息に生まれながら、カレーの魅力にとりつかれた天才シェフ。さて、二人はどんなカレーを産み出していくのか!?

 

登場人物紹介

神谷正人 かみやまさと
神保町の名門中華料理店の子息だが、カレーの魅力にとりつかれた天才シェフ。

岬美恵(メイ) 食品会社に勤務。

カレー製品の企画・製作に携わる。