トップ  > 有間しのぶ  > その女、ジルバ

最新コミックス

作品紹介

女性たちの人生賛歌が、時代と国境を越える!! 第23回手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞!!



大手スーパーの倉庫で働く笛吹新(うすい あらた)は、恋人なし、貯金なし、老後の安心なし、の40歳。自分の人生を変えるために飛び込んだのは平均年齢70歳の高齢者が営む高齢BAR『OLD JACK & ROSE』。昼と夜、二足のワラジで働くうちに、新はバーの先輩ママ達の歩んだ戦中・戦後の凄絶な人生を知る。

登場人物紹介





笛吹 新

四十歳独身の主人公。長年のスーパー勤めに別れを告げ、今は高齢バーの最年少ホステス。源氏名は〝アララ〟。





くじらママ。
高齢バーOLD JACK&ROSEのママ。初代ママ・ジルバよりママを引き継いだ。本名・きら子。





マスター。
高齢バーOLD JACK&ROSEを切り盛りする経営者。サービスと金には厳しい。





ジルバ。
OLD JACK&ROSEの初代ママ。ブラジル移民から帰国してバーを開業。過酷な運命を生き抜いた伝説の女性。本名・ちはま。





チーママ。
シャキシャキして情に厚い。知的な和風美人。





エリー。
良家のお嬢様だったが、詐欺に遭い破産してホステスに。





ひなぎく。
唯一の清純派ホステス。料理も得意。





ナマコ。
捨て子だったが、ジルバママに拾われる。ジルバを母ちゃんと慕う。





星賀太郎。
ジルバの夫の兄。戦争終結直前、ジルバ夫婦の財産をだまし取り、そのまま行方をくらましていたが…!?