トップ  > 松本大洋  > 東京ヒゴロ

作家紹介

松本大洋

1967/10/25生まれ。東京都出身。

▼デビュー作
『STRAIGHT』

▼代表作
『鉄コン筋クリート』『ピンポン』

▼現連載作品
『東京ヒゴロ』

▼受賞歴
1967年、東京生まれ。1987年、講談社「月刊アフタヌーン四季賞」で準入選を果たし、デビュー。『週刊モーニング』にて『STRAIGHT』『点&面』を連載したのち、『ビッグコミックスピリッツ』にて『ZERO』『花男』『鉄コン筋クリート』『ピンポン』、『竹光侍』(原作:永福一成)などの作品を発表。『竹光侍』は2007年に第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2011年に第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。2016年『Sunny』で第61回小学館漫画賞受賞。2020年『ルーヴルの猫』で米国アイズナー賞を受賞。現在『東京ヒゴロ』をビッグコミックオリジナル増刊号(小学館)にて連載中。

作品紹介

松本大洋が初めて描く、漫画の世界。そして初めて語られる、創作の哲学!!



大手出版社を早期退職した漫画編集者の塩澤。
会社員を辞めた男は、今、漫画に何を思うのか。
仕事か、表現か、それとも友情か。
人生五十年を越えても、憂い、惑い、彷徨う男たちにおくる鎮魂歌。
東京の空の下、時代の風に吹かれて、漫画が芽吹く。

登場人物紹介

 





塩澤 和夫
大手出版社を早期退社した漫画編集者。どこへ向かうのか…!?




長作

漫画家。塩澤が担当編集をしていた。在りし日の輝きを取り戻そうと、日々もがいてはいるが…




伊賀
後輩・漫画編集者。塩澤が去った編集部の仕事を淡々と行う。