トップ  > 原作/西荻弓絵 漫画/飛松良輔  > 天を射る 

最新コミックス

作家紹介

原作/西荻弓絵 漫画/飛松良輔

作品紹介

「江戸のオリンピック」で天下一を射止めよ!



京都「三十三間堂」本堂西軒下。
約120mの縁を端から端まで、一昼夜で矢を何本通せるか−−
「通し矢」は藩と藩の面子を懸けた“江戸のオリンピック”。
これは「堂射」とも呼ばれた競技に 青春の全てを懸け、天下一を目指した 若武者達の物語である。

テレビドラマ『ダブル・キッチン』『SPEC』の 大ヒット脚本家×迫力満点の画力俊英でおくる 江戸の弓術青春ストーリー!!

登場人物紹介





星野勘左衛門(ほしの・かんざえもん)

主人公。勘左。尾張藩下級武士の三男坊。「通し矢」で天下惣一(天下一の新記録達成)を夢見る。





高見大ノ新(たかみ・だいのしん)
●ダイノジ。勘左の親友。





長屋六左衛門(ながや・ろくざえもん)
●尾張藩弓術指南役。





飛松良輔氏Twitter >>
https://twitter.com/tobi_manga
@tobi_manga