トップ  > 中原 裕  > 僕らはそれを越えてゆく

僕らはそれを越えてゆく

作家紹介

中原 裕

埼玉県出身。
デビュー作:リョウ(「ヤングジャンプ」)
代表作:『ぶっちぎり』『奈緒子』(原作/坂田信弘)『ラストイニング』他

作品紹介

2020年――それでも僕達は夏の甲子園を目指した!!

2019年4月。
天彦高校野球部は、三年生4人に二年生が3人と、全学年で部員が7人しかいない弱小野球部であり、今年も夏の大会には、他校との連合チームで参加する予定であるーー
「来年こそは母校だけで甲子園を目指したい!!」熱く燃える部員達の前に、現実の大きな壁が……!?
稀代の野球漫画家が描く、新しい高校野球青春譜!!

 

登場人物紹介

菱見球斗

天彦高校野球部二年生、ピッチャー。
中学時代にはボーイズリーグで控えのピッチャーだった。

桐原

天彦高校にこの春、転入してきた2年生。

黒沼から因縁をつけられる一方、球斗に絡んでくる。

瀬野真白

天彦高校二年生。野球部のマネージャーにやりがいを感じている。

森川

天彦高校美術教師。隠れ煙草を吸いに、グラウンドを度々訪れる。