トップ  > 水沢悦子  > もしもし、てるみです。

もしもし、てるみです。

最新コミックス

作家紹介

水沢悦子

作品紹介

SNS疲れのあなたに捧げる、テレフォン・ラブ・コメディー!



「ミライフォン」が普及し、ほとんどの人がSNS「トモッター」や「ニャイン」でつながりあっている時代。
そんな中、独自の路線を貫く電話会社「もしもし堂」のでんわショップで働くてるみさんは、ネットからは離れて生きるまさに現代のミューズ的存在。
そんな彼女に恋する中学生・鈴太郎は「もしもし堂」の電話機を購入。てるみさんと一緒にネットから遠ざかる生活をスタート!
これは、ネット依存の現代社会に疲れた人々が求めた、もうひとつの“つながり”の物語である!!

登場人物紹介





てるみさん

「もしもし堂」のでんわショップで働く女の子。アンチスマホのネット嫌い。





鈴太郎

てるみさんに恋する中学生。ネットから遠ざかって生きることを決意する。





くろちゃん

てるみさんのお店を手伝ってくれたりもする、謎の生き物。