トップ  > 細野不二彦  > いちまつ捕物帳

最新コミックス

作家紹介

細野不二彦

1959/12/2生まれ。東京都出身。

▼デビュー作
『クラッシャージョウ』マンガ少年(朝日ソノラマ)

▼代表作
『さすがの猿飛』『どっきりドクター』『Gu-Guガンモ』『太郎』『ダブルフェイス』『ギャラリーフェイク』

▼現連載作品
『ギャラリーフェイク』

▼受賞歴
第41回小学館漫画賞青年一般部門(『ギャラリーフェイク』『太郎』)

作品紹介

時代は江戸時代。下っ引きで曲がったことが大嫌いの市蔵、吉原に付け爪師として通う美男子・松之丞。二人はある事件で出会い、市中で起こる難事件を解決する名コンビとなる。大江戸八百八町を駆けめぐるバディ捕物帳の開幕でぇい!!!

登場人物紹介





市蔵(いちぞう)

通称いち。髪結いの見習いであり、下っ引き。曲がったことが嫌いな熱血漢。





松之丞(まつのじょう)

通称まつ。蒔絵師で吉原での花魁の付け爪もしている。謎の多い美男子。





お玉(おたま)

古手屋(古着や)を営む娘。威勢の良いべっぴんさん。甘味に目がない。





五郎佐(ごろうざ)

いちが働く髪結いの店“双六床”の親方にして岡っ引き。面倒見がよい。