トップ  > ちばてつや  > ちばてつや追想短編集あしあと

ちばてつや追想短編集あしあと

最新コミックス

作家紹介

ちばてつや

作品紹介

その足跡に漫画家の生き様を刻んだ
ちばてつや実に23年振りの短編集 !

太平洋戦争敗戦後、
中国・満州からの引き揚げ体験を描いた
「家路 1945-2003」。

漫画家デビュー時の若かりし頃、
謎の体調不良にさいなまれた日々を描く「赤い虫」。


トキワ荘グループとの交流のきっかけになった、
ある事件とその顛末を描く「トモガキ」。


名作「のたり松太郎」誕生前夜を描いた「グレてつ」。


貸本漫画から少女漫画、
そして少年漫画から青年漫画へ。


戦後の漫画史と共に歩んだちばてつやが、
2000年以降に描いた
貴重な自伝的読み切り作品を、
雑誌掲載当時のカラーを含め
完全収録。