トップ  > 業田良家  > 機械仕掛けの愛 ママジン

機械仕掛けの愛 ママジン

作家紹介

業田良家

1958/7/27生まれ。福岡県出身。

▼デビュー作
『ゴーダ君』

▼代表作
『自虐の詩』『空気人形』『機械仕掛けの愛』『男の操』

▼現連載作品
『機械仕掛けの愛』『百年川柳』

▼受賞歴
『自虐の詩』は2007年、『空気人形』は2009年に映画化。『男の操』は2017年にテレビドラマ化された。『機械仕掛けの愛』で2013年に第17回手塚治虫文学賞 短編賞、および2015年に第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞を受賞。

作品紹介

『機械仕掛けの愛』新シリーズ! ロボ親ママジンと家族の物語!

お母さんロボット・ママジンは、20年にわたって38名の子供たちを育ててきた。ココロを持っていなくても、自分の作る料理の味がわからなくても、みんなの大好きなお母さんだ。

ここママジン家は、集められた孤児たちを、少数の家庭単位でロボットが育てる「孤児家」のひとつ。巣立った大人が、育ってゆく子供が、みんなママジンと家族を想っている――

ママジンは、なんでこんなにやさしいんだろう。普通なようで、とっても特別な、家族の物語。

登場人物紹介

ママジン
孤児たちを育て続けているロボット。料理上手でちょっと抜けてる、みんなのお母さん。

サンゴ
ママジン家の一期生。研究者となり、味覚デバイスなどの開発にいそしんでいる。

関連作品

>>『機械仕掛けの愛』