コミックス 作家 Webコミック・コラム 新人賞
ビッグコミック ビッグコミックオリジナル ビッグコミックスペリオール 週刊スピリッツ 月刊スピリッツ
トップ  > 昭和天皇物語 第7集

昭和天皇物語 第7集

能條純一 原作/半藤一利 脚本/永福一成 監修/志波秀宇

2020/11/30発売

ビッグオリジナル

大正天皇、崩御…25歳の青年は天皇となる

〈 書籍の内容 〉

大正14年、12月6日。
国民が注視する中、裕仁(ひろひと)皇太子と良子(ながこ)妃との間に待望の第一子が誕生した。
父となり、大きな責任を背負うこととなった、そのわずか1年後--

大正15年、12月24日。深夜。
裕仁青年に天皇のあり方を示し続けた大正天皇がこの世を去った。

尊敬する父……敬愛する父……肉親との別れに涙を流す時間もなく父の死より約2時間後、青年は第124代の「天皇」となる--

のちに激動の時代と呼ばれる「昭和」が、いよいよ始まったのだ…!!

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

心のどこかで、「その時」が近いことは理解していた。
そして「その時」は、年の瀬の冷たい雨の中で訪れた--

愛する父を失い、急かされるようにその地位に就くことになった裕仁青年。
常に冷静に気丈に振る舞う青年も、とはいえまだ20代半ばの若者。
自らの双肩に「国」を背負う重圧は、いかばかりであったろう…。

祝福ムードの中で迎えた「改元」の記憶も新しい今だからこそ、ぜひお読みいただきたい待望の最新刊です。

ABJ 10401002

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ
使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。