廃盤
昭和天皇物語 第5集
能條純一 原作/半藤一利 脚本/永福一成 監修/志波秀宇
2019/11/29発売
ビッグオリジナル

わずか20歳の青年は「摂政」の座に…!!

ヨーロッパの地で「君主と国民とが近く親しい姿」に感銘を受け、自らの未来に明るいものを感じて帰国した裕仁(ひろひと)青年を待ち受けていたもの。

それは、旧態依然とした弟君や政治家・軍人達、そして快方に向かう見込みのない父・大正天皇の姿であった…。

誰よりも大正天皇の病状を危惧し、青年の帰国に備えて「摂政」の設置を急いできた時の総理・原敬(はら・たかし)。
「平民宰相」と慕われてきたこの男の身にも異変が!?

そして訪れる運命の日、”9月1日”--!!

風雲急を告げる最新刊です。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
近いようで遠いものとなった「大正」という時代。
わずか10数年に過ぎないこの時代を「摂政」として過ごす決断をした青年。

その胸の内は、決して晴れやかなものばかりではなかったに違いない。

皇太子として。同時にひとりの人間として。
晴れて成人となった裕仁青年は何を感じ、何を考え、いかに振る舞い、どのように人々と接してきたのか?

「人間ドラマの宝庫」と呼ぶべき物語を堪能していただければと思います。

BROSイチオシ!
Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る