コミックス 作家 Webコミック・コラム 新人賞
ビッグコミック ビッグコミックオリジナル ビッグコミックスペリオール 週刊スピリッツ 月刊スピリッツ
トップ  >  【連載スタート】マンガ好き著名人インタビュー! 人気ディレクターが語る[よつばと!][フラワー・オブ・ライフ]ほか ( 2013/12/28 )

【連載スタート】マンガ好き著名人インタビュー! 人気ディレクターが語る[よつばと!][フラワー・オブ・ライフ]ほか

ビッグコミック

2013.12.28

 ビッグコミック連載の人気コラムをコミスンでもお届け! yanenoueno1


第42回 秋山具義
《プロフィール》
1966年生まれ、アートディレクター。主な仕事に「マルちゃん正麺」広告・パッケージデザイン、AKB48「さよならクロール」ジャケットデザイン、NHK BSプレミアム「ワラッチャオ!」キャラクターデザインなど。http://www.d-fresh.com/





「好きだったマンガに仕事で関わりたいという想いがありました」


 

 広告やってる人って、漫画家になりたかった人が多くて。たしか糸井重里さんも子供のころ漫画家になりたかったと言っていたと思うんですけど、やっぱり僕も漫画家になりたいと思ってましたね。でも自分で描いてみて、こんなの毎週描いてるってすごいなと思って、すぐ挫折しました。そうするとデザインの道に行くパターン多いんですよね(笑)。漫画家になるというのは相当なものだろうなと思います。


 小学生のころはほんとに赤塚不二夫さんを神様だと思っていて、バカボンやニャロメの絵を描いたりしてました。[チビ太]という単行本が、自分のお小遣いで初めて買ったマンガなんですよ。何百回も読んでますね。僕らの世代は、マンガやアニメやヒーローものが、小学生のときにがっつり来てた。ゴレンジャー、ガッチャマン、マジンガーZ、仮面ライダー、ウルトラマンとか。[進撃の巨人]なんかも、そういう世界につながってる感じはありますよね。


 広告やデザインをやるようになって、好きだったマンガに関わりたい、好きな人と仕事をしたいという想いがあって。赤塚さんが撮った実写短編映画のポスターを作ったことがあるんですけど、子供のころから目ン玉つながりのおまわりさんの目玉が女の人のおっぱいに見えてしょうがなくて、それを実際に女性の裸にペイントして撮影しました。他にも楳図かずおさんの展覧会でポスター作ったり、楳図さんをフィギュアにしたりしたんですけど、それも感動しましたね。あと大友克洋さんもすごく好きで、後楽園ゆうえんちの仕事で、タワーハッカーとかルナパークのポスターやCMをアニメーションで大友さんに作ってもらったりして。そのあたりのときは、ほんとにうれしかったですね。


 今の時代、「これはまったくのオリジナルだな」と感じるものはそんなにないような気がするんですけど、[よつばと!]はとても新しいと思ったんです。時間の使い方とか、世界観とか、あれは新しいなと思いました。あずまきよひこさんは、デザインセンスがすごくいいじゃないですか。なんか、こう、美しいんですよね、全部が。絵も良くて、空気が心地よいですね。素晴らしいと思います。


 

yotsubatto_koma_s


[よつばと!] あずまきよひこ Ⓒ KIYOHIKO AZUMA / YOTUBA SUTAZIO


(電撃コミックス/株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス)





中学生時代の衝撃


 

 たくさん読んできたので好きなマンガいっぱいあるんですけど、[忍法十番勝負]は結構やばいですね。すごい人たちが、リレー形式で描いてるんですよ、忍者の話を。白土三平さんが描いた続きを、石ノ森章太郎さんが描くという。藤子不二雄Ⓐさんや横山光輝さんも描いていますし。


 それから、よしながふみさんのマンガはほとんど好きです。[きのう何食べた?]も[大奥]も。やっぱり絵もいいし、ストーリーもいいし、出てくるキャラクターもいい。[フラワー・オブ・ライフ]は素晴らしい作品でしたね。白血病の高校生が漫画家を目指すやつ。なんでこれ映画化されないんだろうと思って。またちょっと読みたくなってきたな。


 山岸凉子さんも好きでしたね。[日出処の天子]も好きだったんですけど、[天人唐草]で心をえぐられた覚えがあるんですよ。ある女の子が、「イヌフグリ」って草花の名前の意味がわからないんだけど、厳格な親に聞いても「天人唐草」っていう別名しか教えてもらえないという。あんまり正確には覚えてないんですけど、中学生のころに読んですごい衝撃を受けた覚えがありますね。


 

電気街の色合い


 

 僕は秋葉原生まれ秋葉原育ちなんで、派手な看板とかネオンの影響をかなり受けていて。電気街って特殊じゃないですか。電気屋さんだらけの中でどう主張できるかを競ってる。そんな秋葉原で、中学生の時はマンガにもアニメにも音楽にもアイドルにもハマってましたね。ゲーム会館に通ってゲームしたり、アイドルのファンクラブに3つも入ったり、そういう意味では元祖アキバ系だと思うんですよ。そういう経験と、電気街のネオンの色合いがしみついてて、自分の作品に結びついているような気がするんですよね。




 akiyama


 

《秋山具義さんのおすすめ作品》
[よつばと!]あずまきよひこ
[チビ太]赤塚不二夫&フジオプロ
[忍法十番勝負]横山光輝ほか
[フラワー・オブ・ライフ]よしながふみ
[天人唐草]山岸凉子


 

《こんな作品もおすすめしていました!》


そばもん]山本おさむ


銀の匙]荒川弘


[包丁人味平]牛次郎/ビッグ錠


[めしばな刑事タチバナ]坂戸佐兵衛/旅井とり


気まぐれコンセプト]ホイチョイ・プロダクションズ


 

■次回予告:第43回 中田敦彦(お笑いタレント)
演芸をする側として共感できるという『昭和元禄落語心中』、
出産・育児に触れて面白さを再認識した『ママはテンパリスト』、
フェチ心をくすぐるという望月ミネタロウ(峯太郎)作品などを語る!!
<1/10(金)更新予定>





【「屋根の上のマンガ読み」バックナンバーはこちら!







(取材構成:ビッグコミック編集部・根本和佳(DAN)、撮影:松原康之)




関連リンク
ビッグコミック公式

【初出:コミスン 2013.12.28】

ビッグコミック,屋根の上のマンガ読み,涙目
ABJ 10401002

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ
使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。