2019.06.03
週刊スピリッツ

第334回スピリッツ賞 受賞作発表!

第334回スピリッツ賞 受賞作発表!

第334回スピリッツ賞に多数のご応募ありがとうございました。受賞作6作を発表いたします。


【佳作】賞金10万円
『暗中浪漫』松浦ショウゴ(埼玉県・25歳)

主人公・総次郎は宝石泥棒をして生計を立てている。一晩で3千万。それが彼の宝石泥棒としての才能。ある日、総次郎は兄から「母を施設に預けよう」と相談される。兄の考えに賛同できない総次郎は、思わず「俺が母と一緒に暮らす」と宣言。そして、兄を納得させるために〝偽装結婚〟を計画し──

編集部より

画、そして演出力の高さに魅せられました。キャラクターの感情を丁寧に描こうという意識が感じられる作品でした。全体として少し淡々とした印象があるのと、冗長に思える箇所があるので、次作はメリハリをつけて、どう読者にテーマを伝えるかを心がけて描いてみてください。


【佳作】賞金10万円
『りあまん』田島シュウ(大阪府・34歳)

親孝行を推奨する悪魔や、老けたことを理由に職員室に呼び出されるおじさん生徒…。他にも、ニンジン君に対し「ジャガイモ君は生で食べられないからあんまり遊ばないほうがいい」と忠告する玉ねぎ君など、シュール際立つ珠玉のショートギャグ18本!

編集部より

どの作品についても、1Pでしっかりとオチがついており、ギャグ作家としてのセンスを強く感じました。ただ笑えるというだけでなく、随所に世の中への皮肉なども感じられ、作家の哲学を読み取れる、ポップでありながらも哀愁漂う18本でした。今後に期待しています。


【奨励賞】賞金5万円
『美しい髪』小鳥遊ごう(千葉県・26歳)

あみには、かかりつけの美容師・西野がいる。イケメンで、指名ナンバーワン美容師の西野だが、実は彼のお客は全て枕営業で得た女性達。あみもその一人。しかし突然西野は店を辞めることに。原因は、あみの店への密告。そして、あみと西野の最後の夜が始まる…。

編集部より

最後のオチの裏切りが、予想を遥かに超えるもので、この上なく心地良かったです。ただ1pに詰め込む情報量が多すぎる印象があるのと、台詞で語りすぎている部分があるので、どの順番で、どの情報をどう描くかを整理することを心がけて次作を描いてみてください。


【努力賞】賞金1万円
『私とツバメ』すぎもとりょうた(神奈川県・20歳)
『秘密はアブノーマル』吉次モナカ(東京都・21歳)
『チャーリーのレコード』中川 蛍(静岡県・17歳)

担当者より
スピリッツ賞へのご応募ありがとうございました。受賞作の6本から漫画界の未来を担う作家が現れて欲しいと切に願います! 佳作受賞の2作品はギャグとストーリーとまったくタイプは違いますが、田島さん、松浦さんのお二人はすでに自分の作風をつかんでいるように感じました。田島さんにはその独特のシュールな笑いをスピリッツで光る作品に昇華して欲しいと期待しますし、松浦さんには青年誌ならではの人間の業に迫る作品を取材などを重ねてリアルな世界観で描いて欲しいと思います。投稿される皆さんには、自分の作家としての武器はなんなのか、そこを突き詰めて…突き抜けた作品を応募してほしいと思います。引き続き、新たな才能との出会いをスピリッツは求めています!

受賞者の皆様、おめでとうございます。スピリッツ賞は「毎月やってる!デビューに一番近い新人賞」です。皆様のご応募、お待ちしています。

スピリッツ賞の応募要項はこちら!

また、原稿の直接のお持ちこみも大歓迎です。

編集部への持ち込み方法はこちら!

Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る