2018.12.31
月刊!スピリッツ

松田奈緒子(『重版出来!』)×あおき(『さよなら10代』)、アナログ&デジタル漫画道対談!! 新メディア世代の新人漫画家、大先輩に学ぶ!

ご縁の始まりは、松田氏のTwitterでした。

Instagramでの投稿がきっかけとなり、『さよなら10代』でデビューした新人漫画家・あおき氏は、漫画界の大先輩からのありがたいツイートに震えていた……!
そして、今回もTwitterというSNSをきっかけに、対談のチャンスに恵まれることになったのです!

対談は、松田氏の担当・山内菜緒子氏を交じえ、SNS時代の漫画話を中心にあれこれ語っていただきました。

松田奈緒子
7年間の漫画アシスタントを経て、「コーラス」にてデビュー。第62回小学館漫画賞を受賞し、TBSにてTVドラマ化された『重版出来!』は「月刊!スピリッツ」にて連載中。
Twitter @mazdanaoko

comics_juhan_12.jpg

『重版出来!』最新刊 第12集

マンガに関わる人々のリアルな奮闘を描く人間ドラマ。最新刊では、安井が新たなフィールドをweb漫画誌に求め、心は東江と共に挑もうとするのだが…!?

あおき
2017年『さよなら10代』でデビュー。現在、「eBigComic4」にて、『さよなら10代』(毎週金曜日更新)と『青いころ』(第2・4金曜日更新)の同時連載に挑戦している。
Instagram @aoki060

comics_sayonara10dai.jpg

『さよなら10代』第1集

中学生になった主人公めいこの、ドキドキ、ワクワクを詰め込んだ賑やかな日常を描く。二次元キャラに恋するめいこが、同じクラスの男子に恋心が芽生える!?

人を楽しませたくて模索していた

――はじめに、『さよなら10代』は、eBigComic4で連載中ですが、この作品を知ったきっかけは何でしたか?

松田奈緒子(以下、松田) 夫(マンガ解説者・新保信長氏)が、Twitterで紹介していて、私も読んだんです。面白いですよね!

あおき わああ、嬉しい……。ありがとうございます!

山内 そもそも、Twitterやpixivなどいろんな媒体がある中で、Instagramで漫画を表現しようと思ったのは何故ですか?

あおき インスタを始めたのは、漫画を載せようと思っていたわけではなくて、地元の友達と集まったときに、災害に備えて連絡が取れる「何か」をつくっておこうという話になり、開設しました。でも、友達は誰も更新しなくて……。それで最初は、好きなイラストなどを描いて載せていたんです。

松田 もともと漫画は描いてたんですか?

あおき 兵庫県の短大で絵画を学んで、一度、東京に出てから地元に戻りました。地元では歌ったり踊ったり似顔絵を描いたり、「一体、何者?」って感じの活動をしていました(笑)。思い返すと、東京ではバイトしかしてなかったですね。

松田 へぇー! じゃあ、漫画を描くのはインスタに載せたものが初めて?

あおき ちゃんとしたものは、そうですね。漫画っぽいものは描いていたんですけど、雑誌などへの投稿はしたことないです。

山内 そうなんですねー。では、あおきさんにとって、漫画を描くことと、踊ったり似顔絵を描くのは同じ行為なのでしょうか。「漫画家になるぞ!」という目的ではなくて、ひとつの表現手段といった感じですか?

あおき 人を楽しませたいなっていうのは、ずっと思っていて、どれが自分に合っているんだろうと思いながら色々やってきました。そういう流れで、たまたまインスタで漫画をアップするようになったら、たくさんの人が見てくださるようになって、それが編集さんの目に止まったみたいです。

Twitterは〝吉祥寺〟、インスタは〝中目黒〟?

山内 インスタは写真メインで、ファッションや美味しいご飯など、そういうものが好きな人たちが多いイメージがあります。漫画が好きな人は、Twitterに集まっている印象が強くて。

松田 吉祥寺みたいですよね(笑)。

山内 Twitterは、中央線って感じがしますよね。なんとなくインスタは、中目黒や青山って感じがする! あくまで私のイメージですが……。なので、どうしてそこに切り込んだのかなと興味深く思っていました。

松田 あおきさんのインスタはフォロワーが多いですが、Twitterは使わないのですか?

あおき 使ってないだけですね…。

山内 てっきり、インスタしか使わないと決めているのかと思っていました。

あおき いやいや、そんなカッコいいものではないです…。

松田 次世代の作家さんだから、Twitterとかより先を行きたいのかと(笑)。

インスタとTwitter、それぞれに読者は違う

――松田さんは普段、インスタの漫画は読みますか?

松田 今回、あおきさんの作品を読んだのが初めてです。インスタのアカウントは持っているのですが、持て余してます……。買った物などを投稿すると聞いたので、光を飛ばして、さも美しいかのように撮った写真を置いてるんですけど、「これ、何が面白いんだろう……」と思って(苦笑)。私は自分で発信するためには使っていなくて、収納とかを調べてます。あおきさんの漫画も、最初は「どうやって読むんだろう?」という感じでしたね。

山内 インスタの場合って、投稿全体の画面構成がどれだけ美しいかって結構重要ですよね。なので、漫画を描く上で考えるところがまた違うんじゃないかなと思いますね。

あおき ちょうど担当さんとも話していたんですけど、例えばインスタの作品をそのままTwitterに載せても、そこにいる読者さんはまた違うだろうし、載せ方も工夫の仕方が異なるのではと思っています。

――松田さんはTwitterを活用されていますが、読者さんとの交流はありますか?

松田 作品の感想をもらったり、いろんなメッセージをもらったりして嬉しいですね。あと、猫のアイコンに弱いです(笑)。「あらー、なにちゃんかしら?」と、心の扉が開いちゃいますね(笑)。

――猫アイコン増えちゃいますね(笑)。読者さんからお手紙も来ると思うのですが、デジタルのメッセージとの違いはありますか?

松田 お手紙をくださる方は、お返事がいらない、とにかく伝えたいというような文面が多いです。「お身体を大事に」とか「作品を楽しみにしています!」みたいな感じで、漫画に対する熱い想いや感想を言ってくれることが多いので、ありがたく読んでいますね。Twitterは、即座に情報をくれたり、コミュニケーションがありますよね。

山内 インスタのあおきさんへのコメントを拝見していると、どちらかというと熱い想いというより、もっとライトで気軽に「あー、わかるー!」といった、とても身近なコメントが多いですよね。

あおき 最初の頃は、全部に返信してたんですけど、数が増えていって難しくなってしまいました。ですが、みんなコメントがやさしくて……!(泣) 当初は見てくれる人の反応や、コメントのやりとりが楽しくて投稿してました。なので、初めて連載のご連絡をいただいたときは、ただただびっくりして、「本当かな?」と疑いました(笑)。

20181230_aoki_2.jpg

左からあおき氏、山内氏、松田氏

キャラを「創る」のではなく「出てくる」ようにする

――あおきさんは、昨年デビューして、今年初めて単行本を発売したわけですが、大先輩の松田さんへ聞いてみたいことはありませんか?

あおき たくさんあります! まず、最近の悩みでもあるのですが、徹夜をしなければならないのに、眠くて仕方ないときはどうしていますか?

松田 寝ます!(笑) 私は7年間、漫画のアシスタントやってたんですけど、そのときに散々、徹夜をしてきました。例えば、三日間寝ないとか……。なので、 自分の漫画を描くときに徹夜はしないです。徹夜は絶っ対に嫌なんです! 身体がもたないから、寝た方がいいですよ! まずは、徹夜しないようにコツコツやることですかね。

あおき はい……! 徹夜しないようにコツコツ頑張ります!!

――睡眠は大事ですね。他にはどうでしょうか。

あおき 『重版出来!』のキャラたちのモデルはいますか?

松田 漫画家のキャラは、古今東西のいろんな漫画家さんや昔の文士などを混ぜて描いています。なので、誰かひとりを狙い撃ちして描いてるわけではなく、いろんな人の要素をつかまえて丸めて出してる感じです。

あおき なるほど! 私は割と、ひとりをモデルにキャラを創ることが多いので、今後の参考にします! キャラを創る時のコツはありますか?

松田 それは私も知りたいくらい!(笑) 指摘されたのは、私はどこででも、ものすごく人を見てるらしいんですよね。それが、もしかしたら人間観察として積み重なっていて、キャラを創る時に出てくるのかもしれないです。なので、「創る」というより「出てくる」ように、常に人を見ておくのが一番大事なんじゃないかな、という気がします。

山内 松田さんと道を歩いていると、周りを見ながら「あれ、可愛い!」など言いながら歩くんですね。子どものように、世界がすべて新鮮みたいな目線で、物事に対する敏感度がすごいんですよ。漫画の取材をする時も、話し方を参考にしたり、プライベートを少しお聞きしたりして、そこから妄想することが多いですよね。

松田 「こんな感じかなー?」っていうイメージですね。

山内 「モデルがいるんですか?」という質問は、ドラマ化の際の原作者インタビューの時に毎回聞かれましたね。

松田 立場上のセリフってあるじゃないですか。例えば、お母さんがいたら「晩ご飯の前に、お菓子食べちゃダメよ」というような。そこを押さえているだけのような気がします。

あおき なるほど、キャラを創るって奥が深いですね……。日頃から、もっともっと勉強します!

iPadの導入で楽になった

あおき 私、漫画のアシスタントとかしたことがないので、ネームの手順や先生の道具についてお聞きしたいのですが……。

松田 ネームは、ポストイットで貼っていきます。簡単に場所を変えられるので、省エネになりますよ。それを担当さんに見てもらって整えたら、iPadのプロクリエイトというアプリで下絵を入れていきます。それをプリントアウトして、B4の原稿用紙に描いていく、という流れです。ペン入れが好きなんですよ。iPadでもできるんですけど、トレースしてインクで描いてます。
一時期、原稿用紙に鉛筆で下絵を描いてたんですけど、ペン入れした後に消しゴムをかけなきゃいけないから、それで腱鞘炎になりそうでした……。毎月32ページもあるし、絵もきちんと描けなくて何度も直すから、毎回、消しゴム3個くらい使ってましたね。なので、iPadにしたらすごく楽になりました。

あおき 私も原稿は紙とペンなので、消しカスがすごいんです……! やっぱりiPadいいですね。ちょうど導入を検討しているところです。

漫画でご飯食べられることが幸福

あおき とっても名残惜しいのですが……最後に、松田先生は、漫画家を続けられて一番嬉しかったことは何ですか?

松田 萩尾望都先生に会えたことかな。これは、本っ当に嬉しかった!
あとは、漫画でご飯を食べていられることが幸福です。いい大人が漫画読んで、漫画描いて、漫画でご飯食べられるってすごいじゃないですか! 普通は怒られるでしょう。

山内 ちなみに、あおきさんは?

あおき まだ数年ですが……、今こうして漫画を描かせてもらって、とても幸せです!

松田 漫画を描いて、何かしら反応があるって嬉しいですよね。「受け入れてもらえた」って感じがする。

山内 そういう意味でいうと、インスタで漫画を始めるのは、今の時代にはいいのかもしれないですね。デビューするまで、いわゆる通常ルートで投稿したり、コミティアに出たりというのがありますが、インスタだと友達感覚ですぐに感想がきて、反応がわかりますからね。満足感が得やすいというか。新人さんはどんどんやるべきかも……?

「漫画力」がある人じゃないと描けない顔

――松田さんから、あおきさんにアドバイスがありましたらお願いします!

松田 あおきさんは、このまま好きなようにやっていけばいいと思いますよ。好きに描いてれば、全然大丈夫だと思うんですけどね。
『さよなら10代』を読んで、「この漫画家さんは面白いな」と思ったのが、あくびしてるめいこの顔。

20181230_aoki_3.jpg

この顔、描けないですよ! この感じ、本当に「漫画力」がある人じゃないと描けない顔なんですよね。イラストともまた違って、漫画の表情を描けるって、すごく大事なことなんです。例えば、焦ったときに汗を描いたり、フラッシュが入ったりするんですけど、そういうものに頼らなくても、ちゃんと表情が描けてるっていうのは、漫画家さんとして本当に力があることだから。何の心配もしなくて大丈夫だと思いますよ。好きに描いていけばいいと思うんです。

あおき わああ、ありがとうございます……! これからも頑張りますっ!!

20181230_aoki_4.jpg

お互いの単行本を持って、記念ショット!

今すぐ無料で試し読み!
さよなら10代 1 あおき
重版出来! 12 松田奈緒子
関連リンク
eBigComic4『さよなら10代』
「月刊!スピリッツ」公式

【初出:コミスン 2018.12.31】

eBigComic4,あおき,さよなら10代,月刊!スピリッツ,松田奈緒子,重版出来!

Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る