廃盤
浮浪雲 第3集
ジョージ秋山 
1975/08/07発売
ビッグオリジナル

激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

●あらすじ/将棋が生甲斐だという勝負師、黒兵衛に、あなたの生甲斐は何かと尋ねられた浮浪雲は「ありません」と、きっぱりと答える(第1話)。▼陰間茶屋の若衆に惚れられてしまった雲。しつこく追いかけ回してくる若衆に、夜な夜な遊び歩いている遊び人の雲も困り果てた様子。逃げ切れるか!?(第2話)。▼雨の中、病気の旅人を助けたカメ。そこへ偶然通り掛かった雲は、これを見て浮気の現場と勘違い。一方、何も知らないカメは、旅人を家に入れ看病をするが、訳ありの旅人には追っ手が迫っていた(第3話)。

BROSイチオシ!
Shogakukan Inc . All right reserved. No reproduction or republication with out written permission
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
topへ戻る